スポーツトレーナーになるには?

スポーツトレーナーには5種類ある!仕事内容や資格をまとめました

スポーツに関わる仕事がしたい方に人気があるスポーツトレーナー。

スポーツトレーナーは「アスレティックトレーナー」「メディカルトレーナー」「コンディショニングトレーナー」「ストレングストレーナー」「フィットネストレーナー」の5種類に分かれており、それぞれに違った魅力があります。

ただ、そうは言われても「それぞれがどんな仕事をするんだろう?」と疑問に思っている方もいるのではないでしょうか?

今回はスポーツトレーナーになる方法やスポーツトレーナーの種類と仕事内容の違い、未経験からスポーツトレーナーになる方法を紹介します。

スポーツトレーナーになる方法

日本国内でスポーツトレーナーになるためには、法律的には必要な資格はありませんが。

ただ実際にはトレーナーとして、さらには対象の競技に関しての高い専門知識や技術が求められます。

時々、プロ野球チームのスポーツトレーナー求人情報を見かけるのですが、採用条件としてトレーナー経験や資格名が記載してありました。

現実的には、知識・技術・資格・そして経験が求められるようです。

スポーツトレーナーになるために必要な専門知識や技術を学び、経験を積むには次の3つの方法があります。

大学でしっかり学ぶ

時間とお金をしっかりかけられる方は、大学に通うことをおすすめします。

スポーツトレーナー資格の中には取得するために大卒以上が必須条件の資格もあり、勉強内容、有名な教授との人脈など大学へ通わないと得られないものも多いです。

大学によっては長期休みを利用して国内や海外のアスリート現場でインターンシップをできる学校もあり、貴重な経験を積むこともできます。

参考:大卒以上が必須の資格4選!NATA、NSCA、NASM、ACSMを解説

専門学校で短期集中

大学よりも短期・安価で学びたい方におすすめなのが専門学校です。

専門学校も大学と同じく長期休暇を使ってインターンシップを行なっている学校もあり、実際のスポーツ現場を経験することができます。

また、学科によっては「理学療法士」「柔道整復師」などの国家資格を取得することもでき、より専門的な知識や技術を身に付けられます。

社会に出てから独学で学ぶ

「一度は普通に就職したが、やっぱり好きなスポーツに関わる仕事がしたい」「生活もあるから働きながら勉強し、タイミングを見て転職したい」

そう思っている方もいるのではないでしょうか?

このような方は資格取得や様々な講座を通じ、独学でスポーツトレーナーになるための勉強をすることがおすすめです。

大学や専門学校へ通っていない分、いかにスポーツトレーナーとしての現場経験を積むかがカギとなります。

最も効率良く学ぶ方法としては、トレーナー業界未経者でも募集しているスポーツクラブなどに転職して、現場経験をしっかり積みながら独学で勉強すること。

実際に現場に出ている中で疑問や不明点が見つかり、的を絞った勉強ができます。

スポーツトレーナーの種類その1:アスレティックトレーナー

ここからはスポーツトレーナーの種類と仕事内容、役立つ資格などを紹介します。まずはアスレティックトレーナーから見ていきましょう!

アスレティックトレーナーの仕事内容は、主にスポーツ現場で選手の健康管理や障害予防を行うことです。

具体的には骨折や脱臼などの外傷が起きた際の応急処置、野球肩やテニス肘などの障害予防、怪我から回復した後のリハビリテーションなどを行います。

スポーツ選手が安全に競技ができるようにサポートするのが、アスレティックトレーナーです。

様々なスポーツの選手と接することになるため、トレーナーとして必要な身体に関する知識はもちろん、それぞれのスポーツ特性に対しての専門知識も必要になってきます。

アスレティックトレーナーの資格には日本では「日本体育協会公認アスレティックトレーナー(JASA-AT)」「ジャパン・アスレチック・トレーナーズ協会認定アスレチック・トレーナー(JATAC-ATC)」などの民間資格があります。

アスレティックトレーナーの資格を取得するには、まずは受験資格を得るために大学や専門学校で決められた単位を取らなければいけません。

単位を取ることでやっと受験資格が得られ、ここからさらにハイレベルな試験に合格することで資格取得ができるのです。

アスレティックトレーナーとして活動するためには、民間資格のアスレティックトレーナーだけでなく「理学療法士」や「柔道整復師」などの国家資格も大きく役立つため、こちらの取得も検討してみてください!

海外で活躍したい場合はアメリカの国家資格「NATA-ATC」など、日本のアスレティックトレーナー資格以上にハイレベルな資格を取得しなければなりません。

よりレベルの高いトレーナーを目指したい場合、海外へ行くことをおすすめします。

参考:アスレティックトレーナーの資格解説!受験条件・勉強法・活用方法

スポーツトレーナーの種類その2:メディカルトレーナー

メディカルトレーナーの活動場所は整形外科などの医療機関であり、高齢者や怪我をした人の運動機能を回復することが主な仕事内容です。

アスレティックトレーナーと仕事内容は似ていますが、スポーツ現場が中心のアスレティックトレーナーよりも医療機関で活動することが多いのが、メディカルトレーナーの特徴と言えます。

近年は超・少子高齢者社会の関係から高齢者に対して心身の機能低下を予防し、元気に日常生活を送れるサポートする仕事も増えているようで、今後はさらに需要が高まるでしょう。

メディカルトレーナーになるために必要な資格はありませんが、専門性が高い仕事のため「理学療法士」「柔道整復師」「はり師・きゅう師」などの国家資格を取得しておくと役に立ちます。

未経験で無資格の方がいきなりメディカルトレーナーになることは難しいため、メディカルトレーナーを目指す方は大学や専門学校へ通うことを検討してみてください。

参考:理学療法士の資格解説!パーソナルトレーナーにはどう生かせる?

スポーツトレーナーの種類その3:コンディショニングトレーナー

コンディショニングトレーナーとはその名のとおり、スポーツ選手の試合や練習前後、一般のお客様に対しては日々のコンディションを整える人のことを指します。

実際に行うことは、硬くなり関節可動域を制限してしまっている筋肉をストレッチやマッサージでほぐし、反対に上手に使われておらず機能が低下してしまっている筋肉を適切に鍛えることなどがあります。

スポーツ現場においてはコンディションを整えることで競技パフォーマンスを向上させ、選手が良い結果を出すサポートを行うことがコンディショニングトレーナーの大きな役割です。

コンディショニングトレーナーになるためには、筋力トレーニングはもちろん、ストレッチやマッサージの技術も習得しておきましょう。

資格が無くてもコンディショニングトレーナーとして活動できますが、FMSなど身体の現状診断ができ、機能改善を行う知識や技術が身に付く資格を取得しておくと役に立ちます。

参考:FMSの資格解説!お客様の現状診断を培うノウハウが満載

スポーツトレーナーの種類その4:ストレングストレーナー

ストレングストレーナーはスポーツ選手の筋力やスピードを向上させるプログラムの作成などを行い、競技能力を高めることを仕事としています。

また、選手へのドーピングなどに関する教育を行うことも仕事内容の一つです。

ストレングストレーナーもこれまで紹介してきたスポーツトレーナー同様、必要な資格は特にありません。

ただNSCA-CSCSなど、ストレングス系に強いトレーナー資格を取得しておくと知識や技術が現場で生きてきます。

参考:NSCA-CSCSの資格解説!受験条件・勉強法・活用方法

スポーツトレーナーの種類その5:フィットネストレーナー

フィットネスクラブやスポーツクラブなどで仕事をしている人をフィットネストレーナーと呼び、一般の方には最も近い存在と言えるでしょう。

主な仕事内容はそれぞれ所属しているクラブの会員様に対し、筋力トレーニングやストレッチの方法、マシンの使用方法などを指導すること。

フィットネトレーナーは無資格・未経験でもアルバイト、正社員共に募集があり、フィットネスやスポーツ業界で働く第一歩として選択する方も多くいます。

大学や専門学校へ通っておらず、未経験からゆくゆくスポーツ現場で活躍することを目標としている方は、まずはフィットネストレーナーを目指すと良いでしょう。

フィットネストレーナーとして働きながら現場経験を積むと同時に、専門的な知識や技術を身に付けるために「NESTA-PFT」などの資格取得を目指すことをおすすめします。

参考:NESTA-PFTの資格解説!受験条件・勉強法・活用方法

スポーツトレーナーの収入って高いの?低いの?

好きなことを仕事にできたらそれだけでも嬉しいとは思いますが、それでもお金のことは気になりませんか?

スポーツトレーナーの年収は従業員や個人事業主など、働き方によって大きく左右されます。

従業員であれば会社の業績や役職にもよりますが、入社したばかりでアルバイトのフィットネストレーナーであれば年収200万円ほど、大手クラブの正社員であれば一般会社員とほぼ同じくらいです。

個人事業主として活動しているのであれば担当するチームや選手の成績によっても左右され、プロスポーツチームやトップアスリートと個人的に契約しているアスレティックトレーナーなどであれば、年収1,000万円に達している人も一部いるようです。

スポーツトレーナーとして高収入を得ることは、非常に狭き門と言えるでしょう。

キャリア0の未経験者はパーソナルトレーナーを目指そう

スポーツトレーナーになるための大学や専門学校へ通わずに社会人になった方、トレーナー業界未経験でスポーツトレーナーを目指す方におすすめなのが、まずはパーソナルトレーナーを目指すこと。

パーソナルトレーナーの仕事はダイエットはもちろん、脚やせやO脚改善などお客様一人ひとりの要望に応えるために高い専門性が必要です。

スポーツ選手は競技によって偏った身体の使い方をする関係で骨格が歪み、一般の方より怪我をしやすくなっていることもあります。

パーソナルトレーナーのとしてお客様一人ひとりの身体をしっかり見る経験は、スポーツ選手への身体機能改善でも大きく役に立つのです。

業界未経験からスポーツトレーナーを目指す方は、キャリアの第一歩としてパーソナルトレーナーになることもぜひ検討してみてください!

スポーツトレーナーになりたい方へ

スポーツトレーナーは種類によって仕事内容や専門性が異なるため、リハビリや筋力アップなど、自分がどんなサポートをしたいのかをしっかり把握したうえで専門的な勉強を進めていきましょう。

ただ最初は解剖学や生理学、栄養学など、人間の身体に関する基本的な仕組みを学ぶことは共通しています。

トレーナーエージェンシーでは、トレーナーとして確かな知識と技術を身に付け、スポーツトレーナーとして活躍したい方の無料相談を受け付けています。

元・大手フィットネスクラブのトレーナー経験者のスタッフが一人ひとりの疑問を聞いてそれぞれに合った提案をしているので、疑問がある方はぜひ相談してください!

無料相談はこちら

PR トレーナー求人情報

  • 未経験OK

    正社員の募集

    ミットネス渋谷店

    渋谷

    【未経験の女性・経験者の男性大歓迎♪】
    ★入社お祝い10万円支給★
    ミットネス渋谷店(渋谷駅徒歩5分)

    募集職種

    グループレッスン インストラクター・パーソナルレッスン インストラクター

  • 未経験OK

    アルバイト、 正社員の募集

    Dr.ストレッチ(関東・関西)

    全国120店舗展開・新規出店エリア(関東・関西)

    【求人】横浜FC帯同のチャンスあり!プロアスリートの体をつくる仕事をしませんか?

    募集職種

    コアバランスストレッチトレーナー

  • 経験者のみ

    正社員の募集

    CREBIQ

    表参道

    【求人】※高収入※年収1千万も夢じゃない!メディア出演多数・女性専用パーソナルジムCREBIQ

    募集職種

    女性専用ジムのパーソナルトレーナー

※掲載店舗は、一部のみです。ご了承ください

パーソナルトレーナーの方、
学校、求人、開業の相談は
LINEにてお気軽に相談ください

友だち追加

いいね!を押して、ダイエットの最新記事を受け取ろう。

服部拓也

パーソナルトレーナー

服部拓也

大手ジム、整体サロンでのトレーナー経験を持ち、パーソナルトレーナー養成スクール「2nd PASS」を卒業した後にトレーナーとして独立。トレーナーエージェンシーでは、パーソナルトレーナーになりたい人、現役パーソナルトレーナー向けコラムを執筆。ダイエットに悩むお客様、集客に悩むトレーナーの両方の悩みの解決を目指している。

トレーナー向け記事ランキングarticle ranking

LINEで、お気軽に質問できます
パーソナルトレーナー フィットネス パーソナルジム インスタグラム
パーソナルトレーナー フィットネス パーソナルジム フェイスブック
日本初のパーソナルトレーナーのための実技スクール

カテゴリ 一覧

パーソナルトレーナー向け

関連サイト