BLOG

パーソナルトレーナーのためのノウハウ集

スポーツトレーナーになるには?

【2018年最新】スポーツトレーナーになりたい人に絶対オススメの資格6選!

パーソナルトレーナー

服部拓也

スポーツトレーナーになるために必要なものは色々とありますが、中でもほぼ必須と言えるものが資格です。

その中でも、専門性と汎用性が高い資格というのがいくつか存在します。今回はスポーツトレーナーとして活動している方が、実際に取得している資格を6つ厳選して紹介します!

スポーツトレーナーのオススメ資格①日本体育協会公認アスレティックトレーナー

日本のトレーナー業界の中でも、ハイレベルな資格として知られるのが『アスレティックトレーナー』、通称『AT』です。

この資格では、次の3点に関する技術を学びます。

・傷害予防
・怪我をした選手のリハビリ

・テーピング

スポーツ現場でトレーナー活動をしたいのであれば、この資格がほぼ必須です。合格するためには非常に難易度が高い資格なので、しっかりとした準備が必要です。

【参考】パーソナルトレーナーになりたい人の資格 アスレチックトレーナー(AT)

スポーツトレーナーに関する無料相談はこちら

スポーツトレーナーのオススメ資格②あん摩マッサージ指圧師

医療系国家資格である『あん摩マッサージ指圧師』。気や血液の流れを良くすることで、筋肉や神経の張りや緊張をほぐす施術を行います。

スポーツトレーナーとして、あん摩マッサージ指圧師を取得するメリットは次の通りです。

・練習や試合後の選手の疲労を取り除く手技が身に付く
・怪我の予防に繋げることができる
・道具を必要としないので、急な対応も可能である

コンディション系のスポーツトレーナーになりたい方は、あん摩マッサージ指圧師の資格取得をおすすめします。

【参考】スポーツトレーナーの資格『あん摩マッサージ指圧師』とは!?

スポーツトレーナーに関する無料相談はこちら

スポーツトレーナーのオススメ資格③柔道整復師

柔道整復師は、骨折や靭帯損傷、脱臼など急性の怪我に対して対応が認められている資格です。

上記の対応は医師と柔道整復師のみが法律的に認められているため、スポーツトレーナーとして貴重な存在となれるでしょう。

スポーツトレーナーとして、柔道整復師の資格を取得するメリットは次の通りです。

・練習や試合中の骨折や脱臼などに対して、法律的に早急な対応が認められている
・電気治療など、怪我に対しての治療行為が認められている
・保険適応の障害対応が可能なため、幅広い外傷にアプローチができる

怪我の治療ができるスポーツトレーナー になりたい方は、柔道整復師の資格取得が良い選択となります。

【参考】スポーツトレーナーにおすすめの資格『柔道整復師』とは!?

スポーツトレーナーに関する無料相談はこちら

スポーツトレーナーのオススメ資格④鍼灸師

はりとお灸を使って自然治癒力を高める施術を行う『鍼灸師』。スポーツトレーナーとして、鍼灸師の資格を取得するメリットは次のものがあります。

・専門的な道具を使った治療行為が可能になる
・治療行為を通じて、怪我や病気を未然に防ぐことができる
・筋肉の張り感などによるパフォーマンス低下を防ぐアプローチが可能になる

自然治癒力を高め、選手が常にコンディションを整えておくために、鍼灸師の技術はとても有効になります。

【参考】スポーツトレーナーにおすすめの資格『鍼灸師』とは!?

スポーツトレーナーに関する無料相談はこちら

スポーツトレーナーのオススメ資格⑤理学療法士

リハビリ系の資格である『理学療法士』。スポーツトレーナーとして理学療法士の資格を取得すると、次のメリットがあります。

・怪我をした選手のリハビリに対応可能となる
・医療行為が可能になるため、担当可能な幅が広がる
・体の使い方の改善指導ができるようになり、同じ怪我を繰り返しにくくする指導力が身に付く

怪我をした選手へのサポートをしたい方は、理学療法士の資格取得をおすすめします。

【参考】スポーツトレーナーにおすすめの資格『理学療法士』とは!?

スポーツトレーナーに関する無料相談はこちら

スポーツトレーナーのオススメ資格⑥NATA-ATC

NATA-ATCは今回紹介する資格の中で唯一、アメリカの大学または大学院へ通わないと取得できない資格です。

スポーツトレーナーとして『NATA-ATC』を取得するメリットは次のものがあります。

・NBAやMLB、サッカー日本代表など海外で活躍するチャンスを得られる
・アメリカで認められている国家資格であり、日本でも非常に地位の高い資格である
・英語力も身に付けている証となり、通訳も兼ねて契約を勝ち取りやすい

国際的に活躍したいという野心を抱いている方は、ぜひチャレンジして欲しい資格です。

【参考】パーソナルトレーナーになるための超難関国家資格『NATA-ATC』

スポーツトレーナーに関する無料相談はこちら

まとめ

スポーツチームや選手に帯同するトレーナーは、アスレチックトレーナーの資格を取得し、同時に医療系国家資格を取得している方がほとんどです。

これらの資格取得は決して簡単ではありませんが、スポーツ現場で活躍するために大きく役立ちます。

この他、トレーナーエージェンシーではスポーツトレーナーやパーソナルトレーナーを目指したい方への、個別アドバイスも行なっています。

無料で受け付けておりますので、トレーナー業界で活躍したい方は、お気軽にご相談ください!

ハイレベルなスポーツトレーナーになりたい方はこちら

PR トレーナー求人情報

  • 未経験OK

    アルバイトの募集

    Dr.ストレッチ

    全国120店舗展開・新規出店エリア(関東・関西)

    【求人】圧倒的業界NO1だから出来る充実の研修制度が魅力 Dr.ストレッチ

    募集職種

    ストレッチを通してお客様の健康をサポート

  • 未経験OK

    業務委託、 店舗経営委託の募集

    POLICY(東京)

    『東京(23区内外)』地方勤務可能者優遇

    【求人】女性も積極募集中!未経験から年収1千万を目指せる環境! POLICY(東京)

    募集職種

    ①店舗経営委託トレーナー ②トレーナー

  • 経験者のみ

    正社員の募集

    CREBIQ

    表参道

    【求人】※高収入※年収1千万も夢じゃない!メディア出演多数・女性専用パーソナルジムCREBIQ

    募集職種

    女性専用ジムのパーソナルトレーナー

  • 未経験OK

    正社員の募集

    ミットネス渋谷店

    女性専用キックボクササイズスタジオ『ミットネス』渋谷店/東京都渋谷区宇田川町36-19 サーティー宇多川ビル(渋谷駅徒歩5分)

    【未経験の女性・経験者の男性大歓迎♪】
    ★入社お祝い10万円支給★
    ミットネス渋谷店(渋谷駅徒歩5分)

    募集職種

    グループレッスン インストラクター・パーソナルレッスン インストラクター

※掲載店舗は、一部のみです。ご了承ください

パーソナルトレーナーの方、
学校、求人、開業の相談は
LINEにてお気軽に相談ください

友だち追加

いいね!を押して、ダイエットの最新記事を受け取ろう。

服部拓也

パーソナルトレーナー

服部拓也

大手ジム、整体サロンでのトレーナー経験を持ち、パーソナルトレーナー養成スクール「2nd PASS」を卒業した後にトレーナーとして独立。トレーナーエージェンシーでは、パーソナルトレーナーになりたい人、現役パーソナルトレーナー向けコラムを執筆。ダイエットに悩むお客様、集客に悩むトレーナーの両方の悩みの解決を目指している。

トレーナー向け記事ランキングarticle ranking

LINEで、お気軽に質問できます
パーソナルトレーナー フィットネス パーソナルジム インスタグラム
パーソナルトレーナー フィットネス パーソナルジム フェイスブック
日本初のパーソナルトレーナーのための実技スクール

カテゴリ 一覧

パーソナルトレーナー向け

関連サイト