資格 NSCA認定パーソナルトレーナー【NSCA-CPT】 認定ストレングス&コンディショニングスペシャリスト【CSCS】 トレーナー向け資格

NSCA-CSCSってどんな資格?学べること・受験条件・勉強法・活用方法まとめて解説

NSCAはパーソナルトレーナーの認定資格を発行している団体の中でも、特に名前が通っていると言えます。NSCA-CPTといえばトレーナーを目指しているのであれば一度は聞いたことがあるはずです。

その上位版として、NSCA-CSCSという資格も存在することは知っていますか?
取得することで、高いレベルのスポーツ選手も指導できる知識があるという認定を受けることができるのがNSCA-CSCSです。

この記事では、NSCA-CSCSの取得方法や難易度・合格率などを紹介します。

NSCA-CSCSとはアスリート指導に特化した資格

NSCA-CSCSは、アメリカに本部を置く国際的な教育団体であるNSCA(National Strength and Conditioning Association 全米ストレングス&コンディショニング協会)が認定する資格です。

NSCA-CPTは一般的なパーソナルトレーナー向けの資格であるのに対して、NSCA-CSCSはスポーツに携わるコーチやトレーナー向けの資格です。

CSCSとは、Certified Strength and Conditioning Specialist(認定ストレングス&コンディショニングスペシャリスト)の略称です。

ストレングスとは簡単にいうと筋肉が発揮するパワーのことであり、コンディショニングとは身体がパフォーマンスを発揮できる状態に整えることを指します。

つまりNSCA-CSCSは、NSCAのトレーニングプログラムの考え方そのものでもある「ストレングス&コンディショニング」のプロフェッショナルを認定する資格であると言えます。

アスリートにも対応できるトレーニング指導のスペシャリスト

NSCA-CSCSが想定する指導対象は主にアスリートです。取得することで、ケガ予防やスポーツのパフォーマンス向上を目的とした 安全に配慮したトレーニングプログラムを計画・実行する知識と技能を得ることができます。

そのため一般的な健康維持やフィットネスのための知識よりも、さらに高度で専門的な知識を持っているという証明となります。

NSCA-CSCSはNSCA-CPTの上位資格

NSCAは2種類の資格を認定しています。NSCA-CPTNSCA-CSCSの2つです。

NSCA-CPTは、パーソナルトレーナー向けの資格です。それに対してNSCA-CSCSは、一般人だけではなくアスリートへの指導も視野にいれた上位資格として知られています。

CSCSの試験内容はCPTに比べて、それぞれのアスリートの競技特性に合わせて応用力が必要になる高度な内容のため、合格率も低い傾向にあります。詳しい試験内容は後ほど説明します。

さらには、認定試験を受けることができる条件として定められている学歴も異なります。CPTは高校卒業以上であるのに対して、CSCSは大学卒業以上の学歴が必要です。

NSCA-CSCSを取得している人はパーソナルトレーナーをはじめとして、ストレングスコーチなどの専門的なトレーナー・医療従事者・研究者に至るまでさまざまです。

NSCA-CSCSが必要な人・必要ない人

必要な人

ストレングスコーチとして躍したい

→筋力を上げて競技力向上をすることを目的に、スポーツ選手への筋力トレーニングを専門に指導するトレーナーのことをストレングスコーチと言います。スポーツ先進国の欧米諸国では、ストレングスコーチが職業として確立しています。

これからスポーツ市場がより進むことが期待される日本で、ストレングスコーチのポジションを狙うのであれば、NSCA-CSCSが基本的な資格として必要になるでしょう。

周りのトレーナーと差をつけたい

NSCA-CSCSの合格率は低いため、取得しているトレーナーの数も必然的に少なくなります。

周りにいるトレーナーが難易度の低い資格を持っていることが多い中、NSCA-CSCSを取得していることが大きな強みになります。特にお客様から指名を受けて選ばれないといけない状況であれば、上位資格の方が有利であることは言うまでもありません。

上位資格を持って自信をつけたい

NSCA-CSCSに合格するためには、それだけの知識が必要です。合格をすれば、自分の提供しているトレーニングは正しくて効果的なものであるという自信にも繋がるのではないでしょうか。

レベルの高い知識をお客さまに還元したい

世界基準で認められたNSCA-CSCSのカリキュラムを学ぶことで、自分の経験だけに頼って指導をするよりもレベルの高い指導が可能になることは言うまでもありません。指導レベルを上げるためにも有効です。

NSCA-CSCSが必要無い人

難関資格にはこだわらない

資格を取得することが最優先の人は、必ずしもNSCA-CSCSにこだわる必要はないでしょう。

できるだけ早く資格が欲しい

上記と同じように、資格を取得したい時期が差し迫っている人は、確実に合格できる難易度の低い資格を取得した方が確実でしょう。

すでに他の資格を持っている

NSCA-CSCSに匹敵する他の資格をすでに持っている場合は、あえて取得する必要は無いでしょう。

 

NSCA-CSCSを取得のために必要な学歴・条件・知識

NSCA-CSCSを取得するためには、受験条件を満たしてから認定試験に合格する必要があります。試験を受けるための条件や、試験の内容について説明します。

NSCA-CSCSの認定試験を受けるには学位または高度専門士が必要

NSCA-CSCSの認定試験を受験するためには、次の条件を満たしている必要があります。

・出願時および受験時に、NSCAジャパン会員(正会員・学生会員・英文会員)であること。
・学位(学士・修士・博士)取得者、学校教育法が定める4年制大学もしくは6年制大学の卒業見込み者、または高度専門士の称号を保持する者。
引用元:https://www.nsca-japan.or.jp/exam/outline/cscs-guidelines.html

また、2030年からは試験を受けるための条件が変更になるため、これから取得を検討している人は注意が必要です。

2030年からは条件が厳しくなります

2030年から、NSCA-CSCSを受験するために必要な学歴の条件が変更されます。

2030年以降に試験を受ける人が満たす必要のある学歴は次の通りです。

「NSCAが認定するストレングス&コンディショニング関連の教育プログラム(※1)を卒業し、学位を取得していること、または同プログラムに在学している大学卒業見込み者」
※1:2021年までに第三者認定機関が設立され、ストレングス&コンディショニングの専門職によって必要な教育プログラムの内容が検討されます。また、認定プログラム制度に関しては、現在の認定校制度とは異なるものになります。
引用元:https://www.nsca-japan.or.jp/explain/exam_condition.html

つまり、今現在は大学さえ卒業すれば、学部や専攻などは問わず受験資格が認められていましたが、2030年以降は NSCAが認定するプログラムを受講できる学校を卒業しなければCSCSを受験することはできなくなってしまうということです。

NSCA-CSCSはスポーツ選手への指導もおこなう高度な知識と指導技術を持つトレーナーを認定する資格です。

たとえNSCA-CSCSを取得していていたとしても、指導スキルがなく資格に対して実力が伴っていないと、トレーナーとして活動していくことはできません。
指定された学校を卒業することで、知識に対して実力もしっかり伴ったトレーナーに資格を認定したいという狙いがあるのでしょう。

 

試験は基礎セクションと実践/応用セクションの2部制

NSCA-CSCSの認定試験は、基礎セクション実践/応用セクションの2部に分かれています。

基礎セクションの出題範囲は、
・エクササイズサイエンス
・スポーツ心理学
・栄養学

となります。
このセクションは、アスリートがトレーニングや食事を通してパフォーマンスをあげるために必要になる知識を持っているか問われます。

実践/応用セクションは、
・エクササイズテクニック
・プログラムデザイン
・組織と運営
・テストと評価

の範囲からの出題となります。

このセクションは、より実践的なトレーニングの知識やプログラムデザインなどの応用力が必要になる知識が問われます。

またCSCS保有者の役割として求められるスポーツチームをサポートする上で欠かせない、施設の安全管理のための知識や訴訟問題や法的責任に関する知識も出題範囲に含まれます。

 

NSCA-CSCSの試験日程は自由

NSCA-CSCSの試験は、ピアソンVUEが運営するテストセンターでおこないます。場所や日程は自身で予約して決めることができ、試験の24時間前までであればいつでも変更することができます。

あらかじめ決められた試験日程に合わせるのは難しいという人でも、試験を受けやすいのは魅力であると言えます。

 

NSCA-CSCSの合格率は約50%

NSCA-CSCSの合格率は年度によって若干異なりますが、おおよそ50%です。合格率は高いとは言えず、スポーツ系資格のなかでも難しい部類の資格であると言えます。

NSCA-CSCSは合格率が低い分だけ取得している人も少ないため、トレーナーとして差別化の要素になることでしょう。

 

NSCA-CSCSの勉強方法2パターン

NSCA-CSCSの学習方法は2種類あります。独学で勉強するかスクールで勉強するかのどちらかです。

知識に自信がある人は独学がオススメ

すでにトレーナーとしての指導経験があり自分の知識に自信がある人は、独学受験するのがおすすめです。

なぜなら独学受験なら、かかる費用と準備期間を抑えることができるからです。

独学受験をするメリットは次のとおりです。
・費用が安い
・いつでもすぐに取得することができる

 

NSCA-CSCSの認定を受けるためにかかる費用は、

・年会費13,200円(税込)
・受験料50,200円(税込)

合計63400円(税込)です。

 

まとまったお金がないという人でも受験しやすい価格です。しかも、試験日は自分の都合に合わせて決めることができます。

もう知識がある人にとっては、早く・安くを実現してくれるのが独学で受験する方法です。

しかし、独学受験は難しいというデメリットがあります。

独学受験のデメリット
・知識が足りない人は合格は難しい
・1から勉強するのは時間がかかる

受験者のレベルは人によってそれぞれです。

タイプA 大学や専門学校等で勉強済みもしくは基礎知識に自信があり、トレーニングの指導経験がある人
タイプB 大学や専門学校等で勉強済みもしくは基礎知識に自信があるが、トレーニングの指導経験がない人
タイプC 学校で勉強をしたことはなく基礎知識に自信はないが、トレーニングの指導経験がある人
タイプD 基礎知識もトレーニング指導もこれからの人

これらの人が学習にかかる目安の期間は次の通りです。

タイプA タイプB タイプC タイプD
3ヶ月 6ヶ月 5.5ヶ月 8ヶ月

参照:https://www.nsca-japan.or.jp/exam/study/type.html

全くの未経験者が勉強をするには、まずはテキストを読み込み内容を理解することです。テキストが理解できたら問題集を解き、理解度を確認しましょう。大切なのは、正解したか不正解だったかではありません。なぜその答えになるのかのを自分の中で理解していることです。

コツコツと学習していき、おおよそ8ヶ月継続することでNSCA-CSCSを取得するのに十分な知識が身につきます。(個人差があります。)

難しい専門用語を覚える理解力と、毎日勉強を続ける継続力に自信のある人は未経験でも独学受験に向いているでしょう。

合格率が低いからこそスクールが有効

全くの未経験者でも短期間で合格を目指せるのがスクールで学ぶ方法です。

NSCA-CSCSを保有しており、スポーツトレーナーとしても実績のある講師から教わることで、効率的な学習ができます。

独学では間違えやすいエクササイズテクニックや、クライアントのニーズに合わせたプログラムの作り方を分かりやすく教えてくれます。

スクールのメリット
・未経験でも短期間でNSCA-CSCS取得を目指せる
・NSCA-CSCSの知識を実際の指導で役に立つ覚え方ができる

トレーナー未経験の人が学習で壁になるポイントが、知識を応用させて考える応用問題です。

筋肉の名称や栄養素の名前は暗記すれば誰でも覚えることが可能です。しかし、それを使って実際にどのように指導すれば良いのかが難しいポイントです。クライアントの状態や、目的によっても指導は変えなければいけません。

そのような応用力が問われるのがNSCA-CSCSです。まだトレーナーの現場を経験したことがない未経験者には難しいといえます。

現役トレーナーが教えてくれるからこそ、基本はもちろん高度な応用力まで身につけられます。これが未経験者がスクールに通うべき理由です。

おすすめはトレスクNSCA-CSCS対策講座

トレスクのNSCA-CSCSオンライン講座なら、3ヶ月の学習期間で難関資格のNSCA-CSCSの1発合格を目指すことができます。数多くあるスクールのなかでもおすすめの理由は、NSCA-CSCSを合格するための対策に特化しているからです。

前述のとおり、未経験者にとってNSCA-CSCS取得のハードルは高いです。NSCA-CSCSを取得しており、さらにはスポーツトレーナーとして実績のある講師から教わる必要があります。

トレスクNSCA-CSCSの講師を務める中川氏は、NSCA-CSCSを取得し長年アスリート指導に携わっています。解剖学や栄養学などの基礎知識と、現場の経験で培った応用力をもとにあなたを短期間で合格を目指せる実力まで導きます。

トレスクに資料請求をすると、「95%の合格率を誇るNSCAマスターコーチ直伝の秘密の勉強方法」をまとめたマニュアルがもらえます。NSCA-CSCSの合格を目指す人は資料請求してみてください。

資料請求する

NSCA-CSCSは、国際的な教育団体であるNSCAが認定する資格です。パーソナルトレーナー向けの資格として良く知られているNSCA-CPTの上位資格であるため、取得へのハードルが少し厳しいのは事実です。

しかし、ハードルが高いだけにNSCA-CSCSを取得している人は少ないため、取得していることで周りのトレーナーとの差別化にも繋がるでしょう。

また、2030年からはNSCA-CSCSの認定試験を受けるための学歴の条件が変更される予定です。NSCAが認定するストレングス&コンディショニング関連の教育プログラム*を卒業し、学位を取得する必要があるため、これから受験する人は注意が必要です。

 

PR トレーナー求人情報

  • 経験者のみ

    スクール卒業者OK

    正社員の募集

    BRラボ (ビーアールラボ)

    埼玉県 (川口・浦和・北浦和)

    急成長パーソナルジムで店長候補募集!

    募集職種

    パーソナルトレーナー

※掲載店舗は、一部のみです。ご了承ください

服部拓也

パーソナルトレーナー

服部拓也

大手ジム、整体サロンでのトレーナー経験を持ち、パーソナルトレーナー養成スクール「2nd PASS」を卒業した後にトレーナーとして独立。トレーナーエージェンシーでは、パーソナルトレーナーになりたい人、現役パーソナルトレーナー向けコラムを執筆。ダイエットに悩むお客様、集客に悩むトレーナーの両方の悩みの解決を目指している。

トレーナー向け記事ランキングarticle ranking

カテゴリ 一覧

パーソナルトレーナー向け