NSCA-CSCSとNSCA-CPTの違いとは?資格概要や取得難易度を比較してみた!

スポーツトレーナーの資格として知られるNSCA-CSCSとNSCA-CPTは、いずれもNSCAが認定している資格です。

2つの資格が具体的にどのように違うのか、わからない人もいるかもしれません。特に、スポーツトレーナーになりたいと考えている人にとっては、どちらの資格を取得すべきなのか、悩みどころでしょう。

この記事では、NSCA-CSCSとNSCA-CPTの違いや資格の概要、試験の内容を詳しく解説して行きます。

CSCSとCPTの違いの前にNSCAとは?

CSCSとCPTの違いに触れる前に、まずは2つの資格を認定しているNSCAを簡単に紹介します。

NSCAとは?

CSCSとCPT を認定するNSCA(全米ストレングス&コンディショニング協会)とは「National Strength and Conditioning Association」から頭文字を取った略称であり、アメリカのコロラド州に本部を置く、国際的な教育団体です。

発足は1978年で、当時からストレングストレーニングとコンディショニングに関する教育を目的とした団体として活動を続けており、現在では世界88の国・地域が参加しています。またNSCAの事業の一環として、認定資格も実施しています。

資格試験の実施以外にも、最先端のトレーニングに関する研究や会員ネットワークを利用した情報の収集、それらにより得られた情報・知識の発表なども精力的におこなっています。

NSCAジャパンとは?

NSCAの支部は世界中にあり、日本のNSCAジャパンもその一つです。NSCAジャパンの設立は1991年で、当時より「研究に裏づけられたストレングスとコンディショニングに関する知識を普及させ、老若男女問わずすべての人々の健康増進とアスリートの競技力向上・傷害予防の支援」を使命として活動をおこなっています。

CSCSやCPTの試験を日本語で実施する事も、NSCAジャパンがおこなっています。そのほかにも専用施設の開業・国際カンファレンスの開催・会員向け機関紙の配布、といった活動を実施しています。

NSCA認定資格とは?

NSCAが実施している認定資格は、NCCA(全米資格認定委員会)の承認を受けており、国際的にも信頼性が高いといえます。2018年時点で、資格所得者は全世界で46,000名を超え、トレーニング系の資格として普及されています。

なお、NSCAの認定資格には2つの種類があります。

  • CSCS:認定ストレングス&コンディショニングスペシャリスト
  • NSCA-CPT:NSCA認定パーソナルトレーナー

CSCSは、1985年にアスリートやスポーツチームへ、安全で効率的なトレーニングプログラムを提供するために設立されました。その後、フィットネス業界の成長にともない、1993年にCPTの資格も設立されています。

CSCSとCPTとの内容の違い

次に、CSCSとCPTの資格の趣旨・受験要項などの違いを詳しく見て行きましょう。

CSCSの概要

CSCSは、スポーツパフォーマンスの向上と傷害予防を目的とし、安全で効果的なトレーニングプログラムを計画・実行できるような、知識と技術を持つ人材を認定する資格です。

おもに、アスリートやスポーツチームを指導対象として想定しており、競技的な指導に焦点を合わせた資格といえるでしょう。

資格取得の要件には、次の5つがあります。

  • NSCAジャパン会員である
  • 学位(学士・修士・博士)取得者、もしくは高度専門士の称号保持者
  • CSCS認定試験の基礎科学セクションに合格
  • CSCS認定試験の実践/応用セクションに合格
  • 有効なAED/CPRの認定者

上記の条件をすべて満たした人のみ、CSCSの資格を得る事ができます。
ちなみに、有効なAED/CPRの認定基準者とは、以下2つの条件を満たすものを指します。

  • 傷病者の対象が成人である事
  • 講習会に実技評価が含まれている事

CPTの概要

CPTは、健康と体力のニーズに関する動機づけ・評価・教育・トレーニング・コンディショニング全般の指導をおこなう、優れたスキルを持つ人を認定する資格です。

CSCSとは異なり、指導対象はアスリートだけでなく、一般の施設利用者など幅広い層を想定しています。より普遍的なトレーニングの指導技術が問われる資格といえるでしょう。

資格取得の要件には、次の5つがあります。

  • NSCAジャパン会員である
  • 高等学校卒業者もしくは高等学校卒業程度認定試験(旧:大学入学検定試験)合格者
  • 満18歳以上
  • NSCA-CPT認定試験に合格
  • 有効なAED/CPRの認定者

資格取得には、上記のすべての要件を満たす必要があります。AED/CPRの認定基準はCSCSと同じです。

CSCSとCPTとの試験内容・難易度の違い

続いて、CSCSとCPTの試験内容・難易度を紹介します。

CSCSの試験概要と難易度

CSCSの試験は「基礎科学セクション」と「実践/応用セクション」の2つに分けておこなわれます。

<CSCS試験概要>

  • 試験時間:基礎科学セクション(90分)
    実践/応用セクション(150分)
  • 問題形式:3択式
  • 受験方法:オンライン形式
  • 合格率:47.7%(2019年度実績)

基礎科学セクションでは、解剖生理学や心理学などが含まれる「エクササイズサイエンス」や、食品やサプリメントに関する知識が問われる「栄養学」などが出題されます。

一方、実践/応用セクションでは、適切なプログラムを作るための知識が問われる「プログラムデザイン」や、施設の運営方法・法的責任リスクを抑える方法などを問われる「組織と運営」などが出題されます。

試験は、テストセンターのコンピューターを使って解答するコンピューターベースでおこなわれ、3つの選択肢から答えを選ぶ3択式で出題されます。

2019年度の合格率は47.7%であり、受験者の約半数が不合格となっている事がわかります。試験の出題範囲が広いうえに、基礎科学セクション・実践/応用セクションの両方に合格しなければならないため、難易度は比較的高いといえるでしょう。

CPTの試験概要と難易度

CPTの試験は、認定試験のみのセクションでおこなわれます。

CPT試験概要

  • 試験時間:NSCA-CPT認定試験(180分)
  • 問題形式:3択式
  • 受験方法:オンライン形式
  • 合格率:78.9%(2019年度実績)

CPTでは、ストレッチ・有酸素トレーニングなど、さまざまなエクササイズに関する知識を問われる「エクササイズテクニック」、クライアントのニーズに沿ったプログラムを組むための知識が問われる「プログラムプランニング」などが出題されます。

受講方法・問題形式はCSCSと同じです。
2019年度の合格率は78.9%となっており、CSCSと比べると難易度は低いといえるでしょう。

だからといって、CSCSがCPTの上位資格というわけではありません。CSCSのみを取得し、CPTを持っていない人もいるように、両者はそれぞれ役割の違う資格なのです。

CSCSとCPTとの学び方の違い

CSCSとCPTは役割が異なるため、試験内容も違います。合格するために「学び方の違い」を確認しておきましょう。

基礎部分の知識が不可欠

CSCSとCPTに共通して求められるのは、解剖生理学などの基礎部分の知識です。

CSCS・CPTとも試験の出題範囲が幅広いため、暗記だけで対応するのは困難です。大学などで基礎知識を学んでいる場合は問題ありませんが、そうでない場合には、ゼロから基礎を学ぶ必要があるでしょう。

公式テキスト・問題集

CSCS・CPTともに、NSCAジャパンからそれぞれの資格勉強用の問題集やテキストが販売されています。テキスト内容は異なるため、自分の受ける資格用のテキストを購入して勉強すべきでしょう。

パーソナルトレーニングやスポーツ系の学校で学ぶ

CSCSやCPTの内容は、体育系の学校などで学習が可能です。試験では、トレーニング指導などの実践的な状況に関する問題が出されます。実際に、トレーニングやエクササイズを経験した事のある人は、その経験が活きてくるでしょう。

トレーニング経験のない人は、パーソナルトレーニングを受けてみると実践的シチュエーションの理解につながるでしょう。

CSCSとCPTを活かせる仕事の違い

CSCSとCPTは資格の差異から、活かせる仕事にも違いがあります。
それぞれの資格はどのような職業で活かせるのか、見て行きましょう。

CSCSはスポーツの分野での仕事

CSCSは、スポーツチームのパフォーマンス向上や、スポーツ施設・トレーニングジムの運営など、スポーツ分野で活かせる資格です。

資格取得者のおもな職業には、ストレングスコーチ・パーソナルトレーナー・アスレチックトレーナー・フィットネスインストラクター・医師・研究者などがあります。

CPTはパーソナルトレーナーなど

CPTは「対個人」のコーチングに向いている資格であるため、パーソナルトレーナーのような仕事で活かせるでしょう。

そのほかのおもな職業としては、フィットネスインストラクター・スポーツ指導者・柔道整復師・理学療法士などがあります。

まとめ

CSCSとCPTは、いずれもNSCAが認定するトレーニング指導の資格です。2つの違いとして、CSCSがアスリートのパフォーマンス向上や傷病予防の知識を問われるのに対し、CPTはより一般向けのトレーニング指導能力を問われる事があげられます。

CSCSはおもにスポーツ分野の仕事で活かせる資格であり、CPTはパーソナルトレーナーの仕事などに活かせる資格です。

CSCSとCPTの試験で共通しているのは、基礎部分の知識です。資格取得の難易度はCSCSのほうが高いものの、上位資格というわけではありません。自分の志望する仕事などに合わせて、取得する資格を選んでみてください。

PR トレーナー求人情報

  • 経験者のみ

    スクール卒業者OK

    正社員の募集

    BRラボ (ビーアールラボ)

    埼玉県 浦和市 / 他

    急成長パーソナルジムで店長候補募集!

    募集職種

    パーソナルトレーナー

※掲載店舗は、一部のみです。ご了承ください

パーソナルトレーナーの方、
学校、求人、開業の相談は
LINEにてお気軽に相談ください

友だち追加

いいね!を押して、ダイエットの最新記事を受け取ろう。

nishio

nishio

トレーナー向け記事ランキングarticle ranking

LINEで、お気軽に質問できます
パーソナルトレーナー フィットネス パーソナルジム インスタグラム
パーソナルトレーナー フィットネス パーソナルジム フェイスブック
日本初のパーソナルトレーナーのための実技スクール

カテゴリ 一覧

パーソナルトレーナー向け