トレーナー向け資格

フィットネスの資格一覧!トレーナーやインストラクター向けの資格20種類を解説

ジムのインストラクターになるために、どのフィットネスの資格を取得するべきか悩んでいませんか?多数存在するトレーナー向けの資格の中でも、特にオススメの資格を厳選して詳しく紹介します。

受験するための条件・難易度・資格の扱う専門分野はそれぞれの資格によって異なります。

ここではトレーナー向けの資格の一覧と、失敗することなく自分に一番合った資格を選ぶためのポイントをお伝えします。

フィットネスの有名資格20種類

これら20種類の資格はトレーナー系資格の中でも有名なものなんだ
先輩トレーナー
先輩トレーナー

 

NESTA-PFT 難易度★
NESTA(全米エクササイズ&スポーツトレーナー協会)が認定するパーソナルトレーナーの資格。講習を受けることで受験資格を得ることができるため、未経験者でも受験可能。
目指せる職業:パーソナルトレーナー・フィットネストレーナー

JHCA-FC、JHCA-HC、JHCA-HCAD 難易度★
JHCA(日本ホリスティック コンディショニング協会)が認定する、FC(フィットネスコンディショナー)は、基本的なマンツーマンの運動指導をするための資格。上位資格としてHC(ホリスティックコンディショナー)、HCAD(上級ホリスティックコンディショナー)も存在する。
目指せる職業:パーソナルトレーナー

JATI-ATI 難易度★
JATI(日本トレーニング指導者協会)が認定する、日本人に適切な指導に特化したパーソナルトレーナーの資格。講習を受けることで受験資格を得ることができるため、未経験者でも受験可能。
目指せる職業:パーソナルトレーナー

JAFA-GFI 難易度★
日本フィットネス協会が認定する、グループエクササイズ(ダンス・ヨガなどのグループレッスン)に特化した指導ができるインストラクター向けの資格。
目指せる職業:スタジオインストラクター

スポーツプログラマー 難易度★
日本スポーツ協会が認定する、地域スポーツクラブなどにおいて、フィットネスの維持や向上のための指導・助言を行うための資格
目指せる職業:ジムトレーナー・フィットネストレーナー

フィットネスクラブ・マネジメント技能検定 難易度★
日本フィットネス産業協会が認定する、フィットネスクラブをマネジメントするための資格。企業によっては従業員に取得を推奨している場合もあり、施設運営に役立つ。
目指せる職業:クラブマネージャー

スポーツインストラクター(日本スポーツクラブ協会)難易度★
日本スポーツクラブ協会が認定する、地域のスポーツクラブ等のスポーツ施設において運動指導者としての専門知識をもって指導するための資格
目指せる職業:スポーツインストラクター・コーチ

健康運動実践指導者 難易度★★
健康体力づくり財団が認定する、安全で効果的な運動を実施を目指した運動プログラムの作成のための資格
目指せる職業:フィットネスインストラクター

NSCA-CPT NSCA-CSCS 難易度★★
NSCA(全米ストレングス&コンディショニング協会)が認定する資格。CPTはパーソナルトレーナーを認定する資格で、上位資格に値するCSCS(ストレングス&コンディショニングスペシャリスト)は、アスリート指導に特化した資格
目指せる職業:パーソナルトレーナー・ストレングスコーチ

NASM-PES 難易度★★
NASM(全米スポーツ医学協会)が発行する身体のパフォーマンス向上のための資格
目指せる職業:パーソナルトレーナー

アスレティックトレーナー 難易度★★★
日本スポーツ協会が認定するアスレティックトレーナー。各スポーツ団体でのトレーナー活動の実績を積んだのち推薦を受けると受験資格を得ることができる。スポーツ選手への怪我や障害のサポートを主におこなう。
目指せる職業:アスレティクトレーナー

健康運動指導士 難易度★★★
健康体力づくり財団が認定する、健康づくりを目的として作成された運動プログラムに基づいて実践指導を行うための資格
目指せる職業:ジムトレーナー ・フィットネストレーナー・ジムトレーナー

柔道整復師 難易度★★★
資格取得のためには国家試験に合格する必要がある。「接骨院」や「整骨院」を開業することができ、柔道整復師として病院や接骨院などで働くこともできる。スポーツ選手の指導をするトレーナーが取得している場合も多い。
目指せる職業:柔道整復師

NATA-ATC 難易度★★★
NATA(全米アスレチックトレーナー協会)が認定する、アメリカの国家資格。取得のためにはアメリカの大学院を卒業する必要がある。海外でアスレティックトレーナーとして活動をする際には必須。
目指せる職業:アスレティックトレーナー

はり師 きゅう師 難易度★★★
鍼灸科のある学校で養成課程を修了すると受験資格を得られる国家資格。取得することで鍼灸師として開業したり、治療院で働いたりすることができる。「はり」や「きゅう」を使用した施術は、身体に不調のある人だけではなく、スポーツ選手からも需要が高い。
目指せる職業:鍼灸師

理学療法士 難易度★★★
理学療法科のある指定の学校を修了することで受験資格を得られる国家資格。資格保有者は病院やリハビリテーション施設で理学療法を用いた治療をおこなうことができる。スポーツチームに帯同したり、個人の選手と専属契約をしてパフォーマンスアップをサポートをする場合もある。
目指せる職業:理学療法士

 

フィットネス 女性

 

これからジムインストラクター・トレーナーを目指すなら
NSCA-CPTかNESTA-PFTが特におすすめ

先ほど紹介したとおり、フィットネス系資格は数多くあります。

そのなかでも特に、フットネストレーナー、ジムインストラクターとして活躍したい人におすすめしたい資格があります。NSCA-CPTとNESTA-PFTの2つです。

なぜなら、NSCA-CPTとNESTA-PFTは、
・米国に本社を置く世界的に認知度の高い団体であること
・カリキュラムが科学的根拠に基づいていること

という特徴があり、日本のフィットネス・トレーナー業界からも信頼があります。この2つの資格について説明します。

NSCA-CPT

NSCA-CPTはあらゆる年齢・性別・健康状態の人に対しても、それぞれに最適なプログラムを作成し指導できるようになる資格です。さまざまな人に対応して指導できるトレーナーの必須スキルが身につきます。

国際的なトレーナー教育機関であるNSCA(全米ストレングス&コンディショニング協会)のカリキュラムに基づいて、トレーナーとして適切な指導できる技能をもつ証明となります。

業界未経験の人であっても事前講座を受ける義務はないので、独学受験も可能です。

受験条件のハードルは低いものの、合格率はおよそ50%〜75%程度と試験の難易度がやや高いという側面もあります。

そのため、ある程度のトレーナーやインストラクターの経験があり、すでにベースとなる知識がある人におすすめです。

受験日/スケジュール 受験者の任意
受験費用 46,000円(税込)
事前講座の有無
試験方式 マークシート方式

参照:NSCAジャパン

NESTA-PFT

NESTA-PFT

NESTA-PFTは、指導するクライアントのニーズに的確なプログラムを提供できるプロフェッショナルを認定する資格です。
そのための身体に関する専門的知識や実践的技術、コミュニケーションスキルなども含めて、プロフェッショナルとして不可欠な総合的な知識・技術を学ぶことができます。

NESTA-PFTは、NSCA-CPTと並んで世界的に知名度の高いパーソナルトレーナー向けの資格です。取得することでクライアントのニーズやゴールに的確なトレーニングプログラムを提供できる知識を得ることができます。

資格取得の過程で、ジムインストラクターに必要な解剖学や栄養学の知識実践に活かす方法も学ぶことができるため、仕事の現場にも、将来的な活動にも役に立つ資格です。

まだジムインストラクターやトレーナーとしての活動経験がない人でも、NESTA養成講座を受講することで、受験資格を得ることができます。養成講座では、これから勉強を始める人でも理解ができる、試験合格のための知識を得ることができます。

また後に紹介するNESTA認定校を卒業することでも、NESTA-PFTの受験資格を得ることができます。

受験日/スケジュール 講座のスケジュールに準ずる
受験費用 ゼミコース受講の場合 168,500 円(税込)
ダイレクトコースの場合 72,500 円(税込)
事前講座の有無
試験方式 マークシート方式

参照:NESTA PFT | NESTA JAPAN ネスタ(全米エクササイズスポーツトレーナー協会)

未経験からNESTA PFTの取得を目指す

NSCA-CPT NESTAPFTの取得方法

トレーナー経験があり知識豊富な人は独学がおすすめ

NSCA-CPTとNESTA PFTは、どちらもそれなりに難易度が高い資格です。

すでにトレーナー経験があり、トレーナーの知識に自信がある人は独学受験に挑戦してみても良いでしょう。なぜなら、費用が安くて期間も短くて済む取得方法だからです。

それぞれの協会の公式WEBサイトから、公式テキストや問題集を購入することができます。

テキストや問題集を解いて自主学習をして、試験に挑戦するという流れです。

しかしある程度の知識がなければ、テキストに書かれていることの理解は難しいです。知識がない人が闇雲に受験をしても不合格になりかねません。

これからトレーナーを目指すために勉強を始める人はスクールに通うのがおすすめです。

 

これからトレーナーを目指す人はスクールがおすすめ

基礎知識の解説かを1から丁寧に教えてくれるので、初心者でも勉強についていけるのがスクールの特徴です。

トレーナーに必要な知識である、解剖学・栄養学・生理学を、まだトレーナー経験がない人にもわかりやすく解説してくれます。

また、ただ資格を取得するだけではなく、実技指導の知識・プログラム作成の知識・実際の栄養指導の方法などのトレーナーとして実際に仕事を始める上で必要ことを教えてもらえます。

 

NSCA-CPT・NESTA-PFTを取得できるスクール

NSCA-CPTまたはNESTA-PFTを取得できるスクールは次のとおりです。

スクール名  トレスクNSCA-CPT講座 トレスクNESTA PFT講座 ラスタイル アスピ Dr.トレーニング
取得可能資格 NSCA-CPT NESTA PFT NESTA PFT NSCA-CPT
NESTA PFT
NSCA-CPT
スクール形態 オンライン オンライン グループOR個別 個別指導 グループ指導
ポイント オンラインでどこでも受講できる オンラインでどこでも受講できる 実践経験が積める 短期集中で即戦力 アスリート指導に強い

マスターコーチから直接教わるトレスクNSCA-CPT講座(オンライン) 

資格取得のための学習に特化したスクールで学びたい人には、NSCAオンライン講座がオススメです。NSCA-CPTは独学での勉強は難しいと言われるのにもかかわらず、驚異の合格率95%を実現した実績を持ちます。

 

高い合格率の理由は、NSCA認定のマスターコーチの吉田先生から直接オンライン講義を受けることができるからです。NSCAが認めたトレーナーだからこそ、出題傾向を知り尽くしているのが理由です。

授業の動画はいつでも見返して復習することができます。実際にスクールまで通うのは難しかったり、今の仕事をを続けながら学びたい人でも、自分のペースで動画を見て学習することができます。

NSCAオンライン講座の資料請求をすると、「NSCA攻略ガイドブック」をプレゼントしています!合格率95%を叩き出した驚異の勉強方法を知りたい人は資料請求をしてみてください。

トレスクNSCA-CPTに資料請求する

資格対策の第一人者から教わるNESTA PFT対策講座(オンライン)

先に紹介した吉田先生は、なんとNESTA認定講師でもあり、資格取得者を育成できる講師であることを協会から直接認定されています。だから、NESTAの出題傾向に沿った対策をすることもできます。

NSCAマスターコーチと、NESTA認定講師の両方に認定されているトレーナーは日本でたった数人です。

資格対策講座の第一人者であり、授業がとても分かりやすいと好評の吉田先生が講師を務めるのがトレスクNESTA PFTです。

オンラインでありながら、授業で分からないことがあればいつでも質問ができます。LINEでのサポートも充実しているので、分からない箇所を残さないためのサポートが徹底されています。

トレスクNESTA PFT講座に資料請求することで、吉田先生オリジナルのNESTA PFT対策マニュアルがもらえます。ぜひ資料請求してみてください。

トレスクNESTA PFTに資料請求する

 

本物の指導実績ができるラスタイルアカデミー(東京)

NESTA-PFTを取得し、さらにはお客様への一流のトレーニング指導ができるようになりたい人におすすめなのがラスタイルです。

NESTA認定校であるため、NESTA-PFTの受験対策については間違いありません。

さらに、一流の指導ができるようになる理由は、授業の一環として本物のお客様に指導できる環境が整っているからです。スクールを卒業した時点で、指導実績をすでに持っていることが、トレーナーの採用面接では大きなアドバンテージとなります。

ラスタイルに資料請求をすると、NESTA-PFTを取得して就職に強いスキルを得るためのマニュアルがもらえます。周りと差をつけて就職を成功させたい人は資料請求してみてください。

Lastyleアカデミーに資料請求する

NESTAとNSCAに両方対応!手厚いマンツーマン指導ならアスピ(東京・横浜)

アスピは生徒一人一人に対して完全個別指導を行うスクールです。

個別指導だからこそ、丁寧で手厚い指導が特徴です。分からなくて付いていけない箇所を残さずに資格試験合格まで導いてくれます。

アスピなら、NESTAとNSCA両方に対応しています。どちらかを選んで取得できますし、希望すれば両方取得も可能です。

さらにトレーナーとして指導をするための実技指導も充実しています。お客様の悩みに対して最適なトレーニングプログラムを作成できる能力もつけることができます。

アスピに資料請求をすると資格の取得方法をまとめたアスピオリジナルの資格対策マニュアルがもらえます。ぜひ資料請求をしてみてください

アスピに資料請求する

NSCA-CPTに合格できるハイレベルな知識を学ぶDr.トレーニング(東京)

NSCA-CPTに合格できるハイレベルな知識を学ぶことができる環境が整っているのがDrトレーニングです。

ハイレベルな海外プロスポーツ現場でトレーナーとして活躍をした講師陣が揃っているのがその理由です。

NSCA-CPTに合格するためには、整理解剖学やバイオメカニクスといった専門知識と、それらを状況によって応用して活かす能力が必要です。それらを学ぶためには、プロスポーツ選手向けにレベルの高い指導を経験した講師陣から教わるのが最適です。

Dr.トレーニングの代表を務める山口氏は、アメリカの大学院を卒業しないと取得できない難関資格であるNATA-ATCを取得後、アメリカのプロ野球選手をトレーナーとしてサポートした実績をもちます。

現場で培った経験を吸収して、NSCA-CPTに合格することはもちろん、ハイレベルなトレーナーになりたい人におすすめです。

Dr.トレーニングに資料請求をすると、海外で発行された論文を特別に読むことができます。海外の進んだ知識を知りたい人は資料請求をしてみてください。

Dr.トレーニングに資料請求する

ジムインストラクター・フィットネストレーナーの仕事内容

NSCAやNESTAの知識を活かすことができる仕事として代表的なのが、トレーナーやインストラクターです。

主に健康維持や筋力向上のための指導をするフィットネストレーナーや、ジムのマシンの使い方やフォームを指導するジムトレーナー の仕事内容や、やりがいについて説明していきます。

安全で効果的なトレーニング指導

ジムインストラクター・フィットネストレーナーの主な仕事内容は、ジムをを利用するさまざまな人に対して正しく、かつ安全なトレーニングのやり方を教えることです。

特にジムに通い始めて間もない初心者の場合は、ジムに行ってもどうやって運動をすれば良いのか分からない人も多いでしょう。ジムインストラクターはそんなときのガイド役として、ジム利用者から頼られる存在です。

トレーニング指導だけではなく、トレーニングメニューの相談に乗ったり、ダイエットのための食事メニューの相談に乗る機会も多くあります。

利用者からいつ相談を受けても良いように、日々の勉強や情報収集も欠かすことはできません。

 

ジム設備のメンテナンス

ジムに設置されているトレーニングマシンを使いやすい状態に保つことも、重要な仕事です。

トレーニングマシンは複雑な構造をしており、快適な使用感のためには日々のメンテナンスが欠かせません。日々のマシン点検を怠らないことが、利用者の安全にもつながるため、重要な業務と言えます。

 

スタジオレッスンを担当する場合も

大型の総合フィットネスクラブには、グループレッスンのためのスタジオが併設されています。

スタジオレッスンをおこなうのは、主にフリーランス契約を結んでいるインストラクターです。ダンス・エアロビクス・ヨガなどのレッスンはそれぞれの専門スキルと資格が必要だからです。

中にはジムインストラクターやフィットネストレーナーがレッスンをおこなうケースもあります。会社によっては、定められた研修を修了することで、グループでおこなう筋トレやストレッチのレッスンを受け持つことができるようになります。

将来的にはグループレッスンを専門とするフリーランスのスタジオインストラクターになりたい人は、積極的にレッスンを受け持って経験を積むのも良いでしょう。

トレーナー未経験者
トレーナー未経験者
インストラクターは、ジムには欠かせない役割をしているんですね
求められるものが多いからこそ、仕事に役に立つ資格を持っておくと良いぞ!
先輩トレーナー
先輩トレーナー

 

ジムインストラクター・フィットネストレーナーに向いている人、求められる人物像やスキル

身体や栄養の専門知識

ジムインストラクターやフィットネスインストラクターは、ジムを利用するさまざまな人に対して、トレーニングのやり方を教えるのが主な仕事です。そのためまず求められるのが、解剖学・栄養学・運動生理学などの基本的な専門知識です。

これから勉強を始める人は、まず何から学び始めれば良いのか迷う場合もあるでしょう。そのような人は、上記で紹介した資格を取得するための学習をすることで、専門知識を得ることができ、さらには資格対策にもなるのでオススメです。

 

体力・自己管理の能力

ジムインストラクター・フィットネスインストラクターは、ジムの利用者にトレーニングフォームの見本を実際に示したり、スタジオレッスンの際には動きを示したりする機会が多くあります。

トレーニングやレッスンのスキルは、練習してすぐに身に付くものではありません。積極的に日々練習しておくことが必要でしょう。

そのため自らジムトレーニングや何かしらの運動を自ら実施している人でないと、ジムインストラクターの仕事を続けるのは難しいでしょう。

また、勤務中は動いていることが多いため、ジムインストラクター・フィットネストレーナーの仕事には体力勝負な一面もあります。日々の健康管理を怠らずにできる人が向いていると言えます。

 

コミュニケーション能力

人と話すことが好き、あるいは接客業の経験があるという人は、意外かもしれませんがジムインストラクターの素質があります。実は、ジムインストラクターの採用面接で最も重要視されるのが「コミュニケーション能力があり親しみやすい人柄か?」であるからです。

なぜなら、フィットネスクラブの経営を成り立たせるためには、ジムを利用する人の満足感を高めることによって継続して通う人を増やさなくてはいけないからです。

そのためには自ら積極的に利用者とコミュニケーションをとり、通い続けたいと思ってもらえる関係づくりが大切です。

 

向上心や行動力のある人

人と話すことが好きということに加えて、ジムインストラクターには向上心や行動力を持ち合わせている人が向いています。

人体や栄養に関する知識は日々アップデートされているため、常に向上心を持って最新の知見を得ておくことが自分のトレーナーとしての実力にも繋がります。

そして、新たな知識を得たら、それをジムに来る人に分かりやすく伝えることで喜ばれるでしょう。

また、施設に関して利用者から出た意見を積極的に拾い、改善案として意見を発するような積極性がより良い施設づくりにも役に立ちます。

ジムのインストラクター 女性

ジムインストラクター・フィットネストレーナーに向いていない人の特徴

運動・フィットネスがあまり好きではない

未経験からでもジムインストラクターやフィットネストレーナーになることができる求人は存在します。しかしあくまでも、フィットネスが好きで日々トレーニングなどの運動を自ら実践していることが前提です。

もちろん入社後に基本的な実技研修が設けられている場合がほとんどですが、研修で習った知識だけでは、あらゆるケースが想定される現場指導の全てに対応できるわけでは無いと思っておいた方が良いでしょう。

研修の知識では対応できないケースに遭遇した時こそ、自ら勉強した知識や実践したトレーニングの内容が活きるものです。

そのような土台が無い人が指導にあたっても、利用者の立場からすると頼りなく感じることでしょう。

そして、そもそも運動があまり好きでは無い人は、ジムインストラクター・フイットネストレーナーの仕事にやりがいを見いだせずにすぐに退職してしまうケースが多いようです。

 

1人で仕事をする方が好き

ジムインストラクターは思った以上に協調性が求められる職業です。利用者とのコミュニケーションはもちろんですが、スタッフ同士の連携や情報共有も大切です。

日々多くの利用者が来るため、イレギュラーな事態が発生するのは日常茶飯事です。そのため1人でできる仕事をコツコツとやりたいと思っている人にはジムインストラクターの仕事は向かないでしょう。

 

ジムインストラクター・フィットネストレーナーになる方法

体育系の大学へ進学する

ジムインストラクター・フィットネストレーナーになるために一番確実な方法が、身体のことに関する高度な専門知識を学ぶことができる体育系の大学や専門学校に進学することです。

これから大学に進学する人むけにオススメした、アスレティックトレーナーや柔道整復師の資格は体育系大学を修了することで取得できる資格です。このようなハードルの高い資格を取得しておくことで、周りのインストラクターと実力差がついたり、収入アップが期待できます。

また、体育系大学やスポーツ専門学校に通うことで、新卒者だけに公開されている求人に応募することもできす。

一番採用率が高く、また安定したキャリアを歩むことができると期待できるのが大学・専門学校へ進学する道でしょう。

 

資格を取得し未経験者歓迎の求人に応募する

これからジムインストラクター・フィットネストレーナーを目指す人が取れる選択肢が、広く人材を募っているジムインストラクターの求人に応募する事です。求人はさまざまな企業が出しており、雇用形態も正社員・業務委託・アルバイトと幅広く選択できます。

しかし、体育系大学を卒業しておらず、さらにジムインストラクターとしての就業経験も無い人は、不利な状況に置かれていると言わざるを得ません。

未経験者も募集しているジムインストラクター・フィットネストレーナーの求人には、未経験者だけではなく、体育大学卒業者やジムイントラクター経験者を含めた多数の応募があるためです。

未経験者の場合は特に、自分のスキルや強みを洗い出して分かりやすく伝えられるようにしておくべきです。求人に「未経験者歓迎」と書かれていると安心してしまい、準備不足のまま面接に臨んでしまう人は選考に通らない傾向があります。

応募条件のハードルの低い求人は倍率が高いと思って、面接に臨んでください。

そして倍率が高いからこそ、ジムトレーナーになるために有利な学歴や就業歴が無くて不安な人は、資格を取得しておくべきでしょう。

ジムインストラクター・フィットネストレーナーに向いている人の特徴は

・身体や栄養の専門知識がある人
・体力・自己管理の能力がある人
・コミュニケーション能力がある人
・向上心や行動力のある人

の4つです。未経験者を積極的に募集している企業もあるため、大好きな筋トレを仕事にしたいと思う人はぜひ挑戦してみましょう。

しかし面接の倍率は高い場合が多く、まだ未経験で体育系大学を卒業していない人にとっては厳しい状況となっています。

そこで資格を取得することで、より確実に内定が目指せます。

これから初めてフィットネスの専門知識を勉強をする人にオススメの資格が
・NESTA-PFT
・NSCA-CPT

です。

自分にあった資格を選ぶことで、面接対策をしたり、仕事に役立てることができます。

 

PR トレーナー求人情報

  • 経験者のみ

    スクール卒業者OK

    正社員の募集

    BRラボ (ビーアールラボ)

    埼玉県 (川口・浦和・北浦和)

    急成長パーソナルジムで店長候補募集!

    募集職種

    パーソナルトレーナー

※掲載店舗は、一部のみです。ご了承ください

sekken

sekken

トレーナー向け記事ランキングarticle ranking

カテゴリ 一覧

パーソナルトレーナー向け