未経験者ほどスクールで学んでいる
トレーナー専門学校/スクール

パーソナルトレーナーになりたい人へ!スクール選びのポイント

パーソナルトレーナーやスポーツトレーナーになるためのスクールを探している方、こんな悩みや疑問、要望はありませんか?

・ホームページではどのスクールが良いかわからない。できればリアルな声が知りたい
・スクール選びの基準が知りたい
・そのスクールで得られるものや状態を知り、自分の将来にどのように役立つか確認したい

自分の将来を大きく左右しかねない学校選び。失敗したくないというのが最も大きな想いではないかと思います。

今回は、パーソナルトレーナーになるための学校選びとして、知っておきたいポイントをまとめましたのでご覧ください。

スクール選びのポイント①先生・講師の実績や実力

在学中にどれだけ生徒に力が身に付くかは、先生や講師の実績や指導力に大きく左右されます。

誰に指導してもらえるかということをスクール選びの基準にしてください。

特に確認したいことは、『確かなエビデンスの元に指導を行っているかということ。

運動生理学や機能解剖学など、体のシステムを知っておくことやそれぞれの人の現状把握ができないと、パーソナルトレーナーとしては実力不足。

プロのトレーナーと運動愛好家の実力を分ける大きなポイントが、現状診断能力とその解決策を提案できる力の有無の差です。

これができなければ、お客様はマンツーマンで指導を受ける理由も無くなってしまいます。

この力が身に付くかどうかを必ず確認しましょう。

スクール選びのポイント②資格取得が可能か

資格はパーソナルトレーナー活動において、法律上では取得が必須ではありません。

また、お客様から見てもパーソナルトレーナーの資格は、アルファベットが並んでいるようにしか見えず、何の資格を取得したかどうかが気になる人もほぼいないでしょう。

しかし、資格取得は勉強の証であり、無言の信頼にもなります。

逆に、資格を取得していない場合はびっくりされるかもしれませんし、同時に心が離れてしまうお客様もいるでしょう。

資格を取得していることが大前提であり、これでやっとプラスマイナスゼロと考えてください。

スクールで学ぶ場合、知識や技術の習得はできても資格取得ができないところもあります。

資格取得をしたい場合は事前に必ず確認しましょう。

特に、『NESTA-PFT』『NSCA-CPT』は業界でも非常に有名でスタンダードな資格のため、これらの資格が取得可能なスクールを選ぶのもおすすめです。

【参考】パーソナルトレーナーの資格『NESTA-PFT』とは?難易度や特徴を紹介
【参考】パーソナルトレーナーの資格『NSCA-CPT』とは?難易度や取得方法を紹介

学校選びのポイント③実技指導の中身

スクールに通う方の目的は、『即戦力のパーソナルトレーナーになること』ではないかと思います。

即戦力になるために最も大事なことが、『実技指導が充実していること』

そして、実技で最も身につけたいものが『現状診断能力』『改善エクササイズ』そして『カウンセリング能力』の3つです。

姿勢と動作から見た体の現状把握、そこから想定されるリスクを把握できているか。

そして、痛みや怪我となる前に効果的な改善エクササイズを実施できるかどうかがパーソナルトレーナーの腕の見せ所です。

また、そもそも何のためにお客様はパーソナルトレーナーをつけて運動を頑張っているのかは、適切なカウンセリングなしに聞き出すことはほぼ無理でしょう。

少し例を出します。

40代の主婦がパーソナルトレーニングを受けにきました。この方は子供が2人いて、2人とも大学生です。

子育てもあと数年で終了。徐々に自分の時間もでき、新たな目標としてフルマラソンに挑戦することにしました。
目標は4時間以内に完走すること。

つまりこの女性の方の目的は『フルマラソンを4時間以内に完走するための体作り』です。

ただ、練習を週3回行うのですが、10kmほど走ると右膝の外側にどうしてもな痛みが出てきます。

この主婦の方は当然パーソナルトレーナーに対し、こんなことを言ってきます。

『ランニングをしていると右膝の外側が痛くなる。何とか改善方法を知りたい。痛みを取り除く方法も教えて欲しい』

この女性に対して、トレーナー希望の皆様だったらどんなアプローチをしますか?

一つの例としては次の方法です。

まず考えられる要因は、2人の出産により骨盤が歪んだこと。これにより足の筋肉の過緊張筋、低機能筋が生じてO脚になってしまった。

この体の状態のままランニングを頑張ったがために、ももの外側を走る大腿筋膜腸筋という筋肉に負担が掛かり過ぎて膝が痛くなったこと。

これは正面から見た姿勢や、ランニングシューズの底の擦り減り方などから推測することができます。

改善策としてまずは過緊張筋の大腿筋膜腸筋をほぐす。

次に低機能筋の内転筋を鍛える。

また、整体を紹介して骨盤を調整してもらうようにおすすめするのも有効な手段となるでしょう。

このように、その人の現状を伝えて改善策を提案する。そしてそれがその人の目的に合ったものであること。

これができることがパーソナルトレーナーです。

筋トレメニューのフォームや糖質制限程度であれば、トレーニング仲間からそこそこの知識を得られるため、これだけの実力しかないパーソナルトレーナーに対してお客様がお金を払うことはありません。

スクールを選ぶ場合、このような知識や技術が身に付くスクールを選ぶと皆様の実力アップの助けとなるでしょう。

まとめ

これからパーソナルトレーナーになりたい人のために、養成スクール選びのポイントを紹介しました。

・一流の講師による指導が受けれる
・資格取得もできる
・現状把握能力、改善アプローチ方法、カウンセリング力といった実技が身に付く

このような養成スクールを選んで頂ければ、間違いないと言えるでしょう。

最後に、私が知っている中にこれら全てに当てはまるおすすめのスクールが一つあります。

無料相談や無料見学も行っているため、よければぜひ参考にしてください。

おすすめのスクールはこちら

トレーナースクール入学者全員に、最大1万円キャッシュバック!入学お祝い金キャンペーン実施中!
未経験者ほどスクールで学んでいる
求人内定者全員に3万円のキャッシュバック!

PR トレーナー求人情報

  • 未経験OK

    正社員、 業務委託の募集

    Dr.トレーニング

    恵比寿・中目黒・自由が丘

    『パーソナルトレーナーが働きやすいGYM大賞』受賞!!さらに離職率0%を実現! Dr.トレーニング

    募集職種

    パフォーマンストレーナー

※掲載店舗は、一部のみです。ご了承ください

パーソナルトレーナーの方、
学校、求人、開業の相談は
LINEにてお気軽に相談ください

友だち追加

いいね!を押して、ダイエットの最新記事を受け取ろう。

服部拓也

パーソナルトレーナー

服部拓也

大手ジム、整体サロンでのトレーナー経験を持ち、パーソナルトレーナー養成スクール「2nd PASS」を卒業した後にトレーナーとして独立。トレーナーエージェンシーでは、パーソナルトレーナーになりたい人、現役パーソナルトレーナー向けコラムを執筆。ダイエットに悩むお客様、集客に悩むトレーナーの両方の悩みの解決を目指している。

トレーナー向け記事ランキングarticle ranking

LINEで、お気軽に質問できます
パーソナルトレーナー フィットネス パーソナルジム インスタグラム
パーソナルトレーナー フィットネス パーソナルジム フェイスブック
日本初のパーソナルトレーナーのための実技スクール

カテゴリ 一覧

パーソナルトレーナー向け