食育実践プランナーとは?資格の取得方法や活かし方を解説

食育実践プランナーの資格の概要や取得難易度、活用法などをご存じでしょうか?
著名な専門家が資格取得講座の監修をしていたり、芸能人や有名人が取得していたりする講座のため、気になっている人もいるかもしれません。

この記事では、食育実践プランナーの概要・資格を取得した際のメリット・資格の活かし方などを紹介します。

食育実践プランナーとは?

食育実践プランナーの概要を解説します。

食育実践プランナーとは?

食育実践プランナーは、一般社団法人日本味育協会が主催する食育に関する民間資格です。一般社団法人日本味育協会は、食に関する知識や情報に加え、人の味覚を知る独自のカリキュラムを提供しています。「何を食べればあなたと家族が健康に生きてゆけるのか?」を追求して、設立されました。

食育実践プランナーの資格は、正しい食の知識や作法を習得し、指導できる専門家を証明するスキルです。

食育実践プランナーの特徴

食育実践プランナーは食を通じて子どもを教育する側面を強く持っています。
食育実践プランナーにはマスターコースとプロフェッショナルコースがあります。

マスターコース

味覚やおいしさに関する正しい知識を学ぶためのコースです。どちらかといえば、ご家庭での食育や食材選びの知識を深めるためのコースです。

プロフェッショナルコース

おいしさを伝えるプロフェッショナルとして、専門的な知識を学ぶコースです。
食育実践プランナーは「ママタレ」として活躍中の著名人の多くが資格を取得しています。

食育関連の資格の特徴の違いとは?

食育に関連する資格は食育実践プランナーのほかにもいくつかあります。食育実践プランナーとの違いや特徴などを紹介します。

食育アドバイザーとの違い

食育実践プランナーと食育アドバイザーとの主な違いは、主催する団体・資格の趣旨・試験の受験方法です。

食育アドバイザーは、一般社団法人日本能力開発推進協会が主催する食育に関する基礎知識や食品の安全性全般に関する民間資格です。食育実践プランナーは家庭での食育を対象とした資格なのに対して、食育アドバイザーは企業や施設で食事を提供する立場での食育に関する資格です。

食育アドバイザーは、指定の通信講座を受講したのちに検定試験(在宅可)に合格すれば取得できます。

参考:食育アドバイザーとは?取得方法や活かし方を解説! | トレーナーエージェンシー

食育インストラクターとの違い

食育実践プランナーと食育インストラクターとの主な違いは、主催団体や資格の概要です。

食育インストラクターを主催しているのはNPO法人日本食育インストラクター協会です。食育インストラクターは、食育に関する知識や食材選びの知識による調理現場での指導です。

食育インストラクターは、5段階のレベルに分かれており、レベルに合わせて挑戦できます。資格取得には、通信講座を受講したうえで認定試験に合格する必要があります。

食育実践プランナーの資格取得の方法とは?

食育実践プランナーの資格取得方法を紹介します。

食育実践プランナーの資格概要

食育実践プランナーの資格は、次の流れで取得できます。

1.マスターコース

マスターコースの資格取得には、指定講座(2日間)を受講します。受講資格は特になく誰でも受講可能です。
マスターコースは、知育教育に興味があれば未経験でも受講可能で、最短で2日間の講座修了で資格取得できます。修了証が発行されます。

2.プロフェッショナルコース

プロフェッショナルコースの資格取得には、マスターコースを取得したのちに指定講座(3日間)を受講します。講座最終日にテストが開催され、合格者には後日「MIKUプロフェッショナル証」が発行されます。
プロフェッショナルコースは、マスターコースを修了した人が対象となっており、最短で3日間の講座受講・テスト合格により取得できます。

資格取得にかかる費用と期間

受講するためにマスターコース・プロフェッショナルコース(+テキスト代込み)にはそれぞれ費用が掛かります。受講料金に講座の受講費用とテストの費用が含まれます。

食育実践プランナーの合格率

食育プランナーのマスターコースは講座受講で取得できるので未受講でない限り合格率100%となります。プロフェッショナルコースで、講座の最終日に受ける60分間の試験の合格率は公表されていません。なお、プロフェッショナルコースの合格ラインの正答率は70%以上となっています。

食育実践プランナーは就職に役立つの?

資格取得にあたって、食育実践プランナーの資格の実用性が気になると思います。食育実践プランナーの実用性や、資格の活かし方を紹介します。

就職・転職には間接的に役立つ

就職や転職の必要要件・歓迎要件として食育実践プランナーを掲載している企業はあまり見られません。したがって、資格を取得しても直接的に転職や有利になるとはいえないかもしれません。しかし、食育実践プランナーの資格は間接的に役立ちます。

食育プランナーの資格は、家庭での食育や食材選びに関する内容とはいえ、管理栄養士や調理師などの食に関連する免許取得の際に、食育実践プランナーの知識を活かせます。就職の際に直接的な効果はなくても、食育への関心の高さをアピール材料にできます。

将来的には期待できる

将来的には活躍の場は広がっています。長寿化が進み、健康への関心が高まるなかで、食を通じた健康への意識や料理を、おいしく味わおうとするニーズが高くなると見られます。
就職や昇進に直接的に役立つレベルになるかはわかりませんが、食育実践プランナーの学習内容は、今後、必要とされる知識といえるでしょう。

食育実践プランナーの資格を取得するメリットとは?

食育実践プランナー資格を取得するメリットを解説します。これまで紹介したように、食育実践プランナーの知識は多くの分野で役立てられます。

食育に関する知識を高められる

食育に関する知識の有用性は今後ますます高まります。食育実践プランナーは、食育に関する知識を深める資格です。著名な講師が多く、テキストのわかりやすさや質の高さには定評があります。

業界や職種に関わらず、家庭や地域などで活かせる知識を学べます。

栄養士・調理師が知識の幅を広げられる

栄養士や調理師は、食育実践プランナーの資格取得を通じて学んだ知識を活かし、より健康的なメニュー考案につなげられます。

飲食店の調理スタッフやメニュー開発者は、おいしさの仕組みや原理をメニュー作りに活かせるでしょう。

介護や教育の分野で活かせる

食と健康の関連性が高い介護や教育の分野で期待されます。介護士や教育者など献立作りに関与しない場合でも、資格を取得して正確な知識を持てば、日々の指導や仕事に役立てられます。利用者・生徒の健康や生命に関わるアレルギーや食品添加物の知識なども得られます。

スポーツ関連の分野で活かせる

パーソナル・トレーニング・ジムやクラブチームなどのスポーツ関連の分野では、ケガをしにくい身体づくりやパフォーマンスの向上・食事の安全性などに知識が役立てられます。

まとめ

食育実践プランナーは、家庭での食育やおいしさの仕組みや指導に関する知識が得られる資格です。受講講座やテキストの質の高さに定評があり、著名な専門家が携わっている資格で、資格取得を通じて高い健康意識や正確な知識を得られます。

食育に関する専門的知識は、栄養士や調理師などの料理の専門家のほかに介護士や教育者にも役立ちます。さらにはスポーツ関連の仕事でも、食事を通じた健康維持やパフォーマンス向上に力を発揮できます。

PR トレーナー求人情報

※掲載店舗は、一部のみです。ご了承ください

nishio

nishio

トレーナー向け記事ランキングarticle ranking

カテゴリ 一覧

パーソナルトレーナー向け