食育アドバイザーとは?取得方法や活かし方を解説!

食育とは文字どおり「食」を「育む」事で、教育現場などでも注目されています。
食の栄養面だけでなく、文化や道徳の観点からも食に関する感性を育てていく。それが「食育アドバイザー」と呼ばれる資格です。

健康な身体を作るために、食事は大切な要素の一つです。食事のマナーや国によって異なる食文化を学び、安心・安全な食品を選んで調理する事や、食べる事の大切さを伝えていく事も、食育アドバイザーの大事な仕事となります。

今回は、食育アドバイザーの概要や資格の取得方法、食育アドバイザーの活かし方を解説します。

食育アドバイザーとは?

食育とは、そして食育アドバイザーとはどのような資格であるのかを見ていきましょう。

食育とは?

『食育とは、さまざまな経験を通じて「食」に関する知識と、バランスの良い「食」を選択する力を身につけ、健全な食生活を実践できる力を育むこと』と政府広報にあります。

知識を豊かにし、知能を高めるための知育・人格や道徳心を養い育てる教育・健全な身体をつくる体育、これらすべては食べるという基礎の上に成り立っており、生きる事の基本です。

食事のバランスが崩れる事は思考や学習の妨げとなり、アレルギーや肥満・免疫力の低下や病気の原因となります。食事の重要性が問われるなか、子どもの朝食欠食率の増加・栄養バランスの偏り・食品ロスなど、さまざまな考えるべき問題をかかえています。今後、あらためて食育の大切さが重要視されていくでしょう。

食育アドバイザーの概要

食育アドバイザーは、食育に関する基本的な知識を備え、食育をおこなえる能力を証明するもので、日本能力開発推進協会(JADP)が認定する民間資格です。

食育アドバイザーには、食育アドバイザー資格と上級食育アドバイザー資格との2種類の資格が存在します。栄養・添加物・食生活の改善といった基礎知識を学べるのが食育アドバイザーです。さらに専門的な栄養学を学び、セミナーや料理教室などの場で活躍する専門家を目指せるのが上級食育アドバイザー資格です。

食育アドバイザー資格の取り方とは?

食育アドバイザーの資格を取るにはどういった勉強をすればいいか見ていきます。

食育アドバイザー資格試験の概要

「食育アドバイザー資格取得講座」を受講し、カリキュラムを修了すると修了認定が貰えます。その後、記述式の試験に合格すれば資格を得る事ができます。

また、カリキュラムの修了認定を貰えば、随時試験を受ける事ができます。講座・試験ともに通信制となっているため、時間に縛られずに自分のスケジュールに合わせて取組める点が便利です。

食育アドバイザーの資格の勉強方法

食育アドバイザー資格取得講座で配本される認定教材は、テキストやDVDなど、学習のために必要なものがセットになっています。講座に沿った学習を着実に進めていく事で、合格のための学習がカバーできるでしょう。

食育アドバイザー資格試験の合格者数・合格率は?

試験の正答率が70%以上で合格となります。合格者および合格率は非公開となっていますが、講座を受講したうえでの在宅試験であり、テキストを見る事が認められているため、しっかりと準備をすれば合格できる可能性が高い資格といえます。

食育アドバイザー資格の取得にかかる費用と時間

食育アドバイザー資格を取得する際にかかる具体的な費用と時間を見ていきます。

資格取得にかかる費用

食育アドバイザーの認定講座は通信での受講となります。費用は通常と割引が適用されるインターネット申込みで受講する事ができます。

試験の受験料は一律です。受講・試験ともに通信で全国どこからでも受ける事ができます。

食育アドバイザーの学習期間

資格取得のための食育アドバイザーの標準的な学習期間は3か月です。通信講座のため月に1度の添削があり、毎月レポートを提出する必要があります。自学自習をして、その単元のまとめとしてレポートを提出するというイメージです。

標準学習期間は3か月ですが、受講は最大700日間までレポートの添削や個別の相談が可能です。多忙な際には、状況に応じて合格まで臨機応変に学習する事が可能となっています。

食育アドバイザーの資格に関連する資格

食育アドバイザーに関連する、その他の資格の一例をご紹介します。

食生活アドバイザー

食生活アドバイザーは、食べ物に含まれる栄養や衛生管理の仕方、アレルギーなど、食生活全般の知識を身につけていきます。衛生管理や食のマーケットといった、食生活に特化した資格となります。

また、食生活アドバイザーはFLAネットワーク協会認定の資格となり、認定機関と取得方法が食育アドバイザーとは異なります。3級と2級の二種類あり、併願する事もできます。また、食生活アドバイザーの資格は2級が最上位になり1級は存在しません。

食育アドバイザーは食事の大切さといった道徳面や、家族関係のつながり、食品ロスなどの社会的な問題まで学ぶため、その点が大きく異なります。

食育インストラクター

食育インストラクターはNPO法人日本食育インストラクター協会が認定する資格制度です。資格は5段階に分かれており、最上位の1級は「食育全般に関する幅広い知識と、料理・健康・栄養・衛生などのテーマに関する専門知識を持ち、広く伝え、普及する事」とされています。そのため、食育アドバイザーよりも広範囲の試験内容となります。

やや難易度が高くなるため、食育アドバイザー取得後のチャレンジとしてオススメの資格です。

また、食生活アドバイザーとよく混同されがちですが、食生活アドバイザーは食材の栄養・取扱い・調理法など幅広い知識が必要になります。そして食育インストラクターは、食育アドバイザーで学ぶ内容に加え、マナーや食材についてのさまざまな話題が含まれるので、食育インストラクターの資格のほうがより多くの知識を学ぶことができます。

スポーツフードアドバイザー

スポーツフードアドバイザーは、食を通じたアスリートとの健康管理に特化した資格です。文字どおり身体が資本のアスリートを、食の面から科学的にアドバイス、サポートしていく資格です。

食育アドバイザーと同様、養成講座を受験して資格を取得する方法のため、手軽にチャレンジできます。食事を通してお子さんの部活動の一助になりたい人や、パートナーのスポーツを応援したい人、草野球チームなどのアマチュアスポーツチームのマネージャーなどにもオススメです。

食育アドバイザー資格の活かし方とは?

さまざまな仕事で活かせる食育アドバイザーの実用例をご紹介します。

栄養士・調理師

すでに栄養士や調理師の免許を持っている人であれば、専門知識をより広範囲で活かしていく方法として食育アドバイザーの資格を取得する事も良いでしょう。学校などでの講演も増えていますから、仕事の汎用性も増していきます。

食事を通じた栄養や健康に関する専門性を高められるため、栄養指導の際などに、より具体的に伝えるアイデアも生まれてくるかもしれません。

教師・保育士などの教育関係者

教育関係者が学ぶ事によって、生徒・児童に対して健康に良い食事の指導や、テーブルマナー、食事への感謝の気持ちなどを伝える事ができます。子どもたちの未来に良い影響を与えるきっかけとなれるかもしれません。

子どもたちが卒業したあとも役立つ、生活に密着した知識を教えていく事ができます。

介護施設・医療施設

これからさらに進む高齢化社会において、食事の制限のある人や高齢者でも食べやすい、身体に良い食事のメニューの提案ができるのは強みです。事故の起きない形を前提として、噛みやすく食欲が湧く形で、健康に良い食事を提供していくのは大変ですが、やりがいも大きいでしょう。

食の今昔という観点や食の文化面からも施設利用者とコミュニケーションをはかる事ができます。

まとめ

食育アドバイザーの資格は、直接的な就職や昇給にはつながりにくいかもしれませんが、スキルアップや、健康につながる知識・テーブルマナー・食の社会的な面をあらためて考えるきっかけとなります。持っていれば、使い方によって人生が豊かになる資格といえるでしょう。

PR トレーナー求人情報

※掲載店舗は、一部のみです。ご了承ください

nishio

nishio

トレーナー向け記事ランキングarticle ranking

カテゴリ 一覧

パーソナルトレーナー向け