BLOG

パーソナルトレーナーのためのノウハウ集

トレーナー向け資格

NASM-PESの資格取得方法、難易度、勉強法を徹底解説!

パーソナルトレーナー

服部拓也

・NASM-PESは外傷・障害リスクの軽減など、パフォーマンスアップに特化した資格
・オンライン受験で取得可能だが、受験資格を得るために条件がある
・スポーツパフォーマンスを高める指導をしたいトレーナーは必見の資格である

これからパーソナルトレーナーを目指す方の多くは、資格取得などで知識を手に入れようと考えることでしょう。

パーソナルトレーナーの関連資格は非常にたくさんありますが、今回はNASMという団体が発行しているパーソナルトレーナー向け資格、NASM-PESの特徴や難易度、資格取得方法を解説します!

NASM-PESの資格発行団体について

NASMは『(National Academy of Sports Medicine)』(全米スポーツ医学協会 )の略称で、PESとは『Performance Enhancement Specialist』を意味します。

NASM-PESの大きな特徴は、『外傷障害のリスクを減らすことを専門とするトレーナー』をテーマとしていること。つまり、アスリートや高齢者などの指導に強いトレーナーになれるのが大きな強みです。

他団体の類似資格としては、NSCA-CSCSに似ているかもしれません。

【参考】NSCA-CSCSの資格概要

NASM-PESはアメリカのアスレチックトレーナーやストレングスコーチ、また、日本のジムやクラブでの認知度も高く、パーソナルトレーナーの資格の中ではハイランクな位置づけと言えます。

・姿勢や動作のクセから予想される今後の怪我を予防できる知識や技術が身に付く
・資格取得によりパーソナルトレーナー活動が認められているジムがあるので、活動をするうえで有利になる
・他の資格のような年会費や更新料が無いため、失効してしまう心配が無い

これが、NASM-PESの主な特徴です。

NASM-PESの資格取得を目指している方は、まずは専門家による相談を受けてみませんか?

パーソナルトレーナーの資格取得に関する相談は、LINE@で直接相談が可能です。

気になる方は下記よりお問い合わせください。

LINE@による相談はこちら

NASM-PESの受験条件、試験内容

次に、NASM-PESを実際に取得する場合、どんな条件が必要かや試験の詳細について説明していきます。

認定試験の受験条件

NASM-PESの試験は、下記の条件の(1)、(2)のいずれかに該当する方が受験可能です。

(1) 4年制大学(学部問わず)、または日本のスポーツトレーナー系・医療系専門学校の既卒者およびその卒業見込み者。

(2)米NCCA、NBFE、DETCの認定団体(NSCA、ACS、NESTA、ACSM、AFAAなど)の資格をお持ちの方。

4年制大学を卒業した方や現在トレーナー系の学校に通われている方は、特に問題なく受験条件を満たすことができます。

しかしそうでない場合で、上記の資格を取得されていない方はこの資格取得ができないということになってしまいます。

NASM-PESの試験日程、会場、受験料

●日程

オンラインの試験のため、皆様のタイミングで試験を受けることが可能です。
※ただし、申し込完了後、1年以内しか受験ができないため気を付けてください。

●会場

オンラインのため、試験会場はありません。インターネットが繋がる環境であればどこでも受験可能。

●試験内容

オンライン試験で100問中70点以上で合格。
試験結果はその場ですぐに合否がわかり、合格の場合は約2ヶ月以内に米NASMから認定証が郵送されます。

●受験料

一般:129,600円(税込、コンテンツや受験料など全て込み)
学生:  90,720円(税込)

※専門学校、または大学の最終学年の方(卒業見込み者)に限ります。なお、受験資格該当学校の既卒歴がある学生はこの限りではありません。割引の適応には各種書類が必要となります。

また、今回のNASM-PESはアメリカの資格でありますが、日本では『R-body Project 』というサービスを通じて受験することができます。

NASM-PESの勉強は動画とテキストを中心に行う

NASM-PESの受験料には、次のテスト・講座が含まれます。

・On-Line講義閲覧権 全16章 総動画時間17時間
・講義受講用日本語版テキスト
・試験対策用 小テスト 全16章分
・英語版テキスト 全647ページ

日本語版テキストもあるようですが、あくまで概要に過ぎないので英語のテキストを読む必要性が出てくるでしょう。
あとは、オンライン講座用の動画をしっかり視聴することが必要です。

この資格で最も大きな難関となるのは、もしかしたら英語力かもしれませんね。

NASM-PESは必ずしもパーソナルトレーナーに必須ではない

結論から述べると、NASM-PESを取得しなくてもパーソナルトレーナーとして活動することは可能です。

ただ、法律上は資格を取得しなくても問題ありませんが、知識や技術が伴っていないのに指導を行うのは良くありません。

指導力に自信が無い方は、資格取得を通じて実力を高めることをおすすめします。

今回の記事ではNASM-PESの資格について紹介しましたが、まだまだ疑問や不安をお持ちの方もいるかもしれません。

トレーナーエージェンシーでは、資格取得やパーソナルトレーナーとしてのレベルアップのサポートをしています。

LINE@にて直接相談が可能なので、気になる方は下記より相談をお待ちしています。

LINE@による相談はこちら

PR トレーナー求人情報

  • 未経験OK

    業務委託の募集

    POLICY(東京)

    『東京(23区内外)』地方勤務可能者優遇

    【求人】未経験から年収1千万を目指せる環境! POLICY東京

    募集職種

    パーソナルトレーナー 責任者レベルの人材

  • 未経験OK

    アルバイトの募集

    Dr.ストレッチ

    全国120店舗展開・新規出店エリア(関東・関西)

    【求人】圧倒的業界NO1だから出来る充実の研修制度が魅力 Dr.ストレッチ

    募集職種

    コアバランスストレッチトレーナー

  • 未経験OK

    契約社員、 業務委託の募集

    XSLIM

    京都

    【求人】※未経験OK※続々出店中のパーソナルジムでキャリアアップ XSLIM

    募集職種

    パーソナルトレーナー

  • 未経験OK

    正社員、 業務委託の募集

    CREBIQ

    表参道

    【求人】※高収入※年収1千万も夢じゃない!メディア出演多数・女性専用パーソナルジムCREBIQ

    募集職種

    女性専用ジムのパーソナルトレーナー

※掲載店舗は、一部のみです。ご了承ください

パーソナルトレーナーの方、
学校、求人、開業の相談は
LINEにてお気軽に相談ください

友だち追加

いいね!を押して、ダイエットの最新記事を受け取ろう。

服部拓也

パーソナルトレーナー

服部拓也

大手ジム、整体サロンでのトレーナー経験を持ち、パーソナルトレーナー養成スクール「2nd PASS」を卒業した後にトレーナーとして独立。トレーナーエージェンシーでは、パーソナルトレーナーになりたい人、現役パーソナルトレーナー向けコラムを執筆。ダイエットに悩むお客様、集客に悩むトレーナーの両方の悩みの解決を目指している。

トレーナー向け記事ランキングarticle ranking

LINEで、お気軽に質問できます
パーソナルトレーナー フィットネス パーソナルジム インスタグラム
パーソナルトレーナー フィットネス パーソナルジム フェイスブック
日本初のパーソナルトレーナーのための実技スクール

カテゴリ 一覧

パーソナルトレーナー向け

関連サイト