解剖生理学とは?トレーニングへの活かし方・勉強法・オススメの本3選!

トレーナーにとって重要な学問の一つに解剖生理学があります。解剖生理学とは解剖学と生理学の総称で、人体の仕組みや構造、機能に関する学問の事です。解剖生理学は効果的なトレーニングの手法やケガのケア、リハビリテーションの手法などに活かせます。

とはいえ、解剖生理学がどのような学問なのか詳しく知りたい、トレーナーにとってなぜ不可欠とされているのか?といった疑問を感じている人も多いと思います。

今回の記事では、解剖生理学の概要・勉強法・活用法などを解説します。

解剖生理学とは?

最初に、そもそも解剖生理学とは何かを解説していきましょう。解剖生理学を学んだ事がない人にもイメージがしやすいように、できるだけ簡単に解説します。

概要を理解すると、スポーツトレーナーを目指す人にとって解剖生理学がとても興味深い学問なのが実感できるでしょう。

解剖生理学とはどのような学問?

解剖生理学とは、もともと一つの学問ではなく解剖学と生理学の二つの学問の事です。
解剖学では人体の構造を、生理学では人体の機能を学ぶ事ができます。解剖学と生理学に関連性のある学問をあわせて解剖生理学と呼ばれています。

解剖学とは?

解剖学とは、人体の骨格・血管・筋肉・皮膚などの構造を理解するための学問です。解剖学を知れば正常な人の身体の構造を理解できるので、医療現場やスポーツ界で重宝される人材になれます。

生理学とは?

生理学では、人が運動をする際に、身体がどのように変化をするのか?身体の変化がどのような仕組みで起こっているのか?を学びます。生理学は人体の機能を学ぶ学問として、医学やスポーツ学で重視されています。

解剖生理学の詳しい内容に興味のある人は、以下のページで詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてください。

解剖生理学とは?スポーツ解剖学・スポーツ生理学も一緒に解説

なぜトレーナーに解剖生理学の知識が必要なのか?

解剖生理学はトレーナーの仕事にとても役立つ知識です。具体的に解剖生理学がどのように役立つのかを理解すると、学習に対する意欲を高められるでしょう。

本章では、なぜトレーナーに解剖生理学の知識が必要なのかを掘り下げて解説します。

科学的根拠に基づいたトレーニングメニューを作成できる

解剖学を学んで、身体の構造や仕組みをきちんと理解できるようになると、トレーナーとして担当するクライアントの身体の不調箇所やゆがみが科学的・医学的に分析できるようになります。

解剖学を学んで応用すれば、専門的な見地に基づいて、ケガの早期回復を考慮したトレーニングメニューの作成や、個々の課題に応じたトレーニングメニューを作成する事ができます。

効果的・効率的なメニューを提案できる

生理学を学ぶと、どのような動きをすれば効果的なトレーニングになるのか?効率の良いトレーニングをするためには何をすれば良いのか?どの部分をトレーニングすれば全体の機能をアップさせる事ができるのか?などの点を理解できるようになります。

生理学を学ぶ事で、担当するクライアントにとってベストなトレーニングを提案できます。

トレーナーに不可欠な解剖生理学の勉強法とは

解剖生理学を身につけるためには、しっかりと学習する必要があります。本章では、解剖生理学のオススメの勉強法を紹介します。

資格学習を通じた学習をする

解剖生理学は、医療系やリハビリ系、スポーツ系の資格取得を通じて学ぶ事ができます。理学療法士・作業療法士・柔道整復師・健康運動指導士などは、解剖学や生理学が試験科目に設定されているためです。

資格取得のためには、養成校に通学したり講座を受講したりするなどの要件が指定されているため、資格の合格を目指す事により、解剖生理学を学ぶ環境を設定できます。

パーソナルトレーナー資格のNESTA-PFT(NESTAパーソナルフィットネストレーナー認定)でも、養成講座のカリキュラムの中に解剖生理学が含まれています。

スポーツ・看護関連の大学や専門学校で学ぶ

スポーツや看護関連の大学や専門学校でも、解剖生理学を学べます。

例えば、看護学校では、解剖生理学は人体を学ぶ基礎的かつ重要な学問として位置づけられており、一年生向けの授業として設定されている事が多いです。

解剖生理学を学べる本・教科書

学校や試験対策などで学ぶ前に、解剖生理学の基礎を独学で学びたい人や、学校で学んではいるもののどうしても理解が難しいと感じる人には、市販の本や教科書で学ぶ方法もオススメです。

本章では、特に初心者に向けて、解剖生理学を学べる本を3点紹介します。

解剖生理をおもしろく学ぶ

「解剖生理をおもしろく学ぶ」は、解剖生理学をできるだけわかりやすく伝えるように工夫された本です。解剖生理学の本や教科書は、看護学生を対象としたものが多い中、柔道整復師やスポーツトレーナーを目指す人も理解しやすいように、イラストを豊富に用いるなどの工夫がされている点が特徴です。

イメージできる解剖生理学(ナーシング・サプリ)

「イメージできる解剖生理学」は、看護学校などでも副教材として用いられています。問題集の体裁をとっていて書き込む事ができるなど、使い勝手の良さが高く評価されています。「イメージできる」とのタイトルどおり、イラストが多く使用されているのも特徴の一つです。

基礎を固めたいときにオススメです。

解剖生理学ノート 人体の構造と機能 第3版

「解剖生理学ノート 人体の構造と機能」は、解剖生理学の暗記事項を直接書き込める本です。管理栄養士の試験対策として作られているため、要点もまとまっており、知識を学ぶのと同時にアウトプットをしながら学習する事ができます。

解剖生理学の知識を活かせる仕事とは?

解剖生理学の知識は、医療系やスポーツトレーナー系などに幅広く活用できます。では、具体的にどのような分野で解剖生理学の知識を活かせるのでしょうか?

本章では、解剖生理学の知識が活かせるスポーツトレーナー系の仕事を解説します。

パーソナルトレーナー

クライアントの運動機能を高めたり、課題を解決したりする役割を担うパーソナルトレーナーは、解剖生理学の知識を活かせば、より質の高いアドバイスをできるようになります。

パーソナルトレーナーは、パーソナルトレーニングジムに勤務したり、アスリートやスポーツチームと専属契約を結んだりするなどの働き方があります。

アスレティックトレーナー

アスレティックトレーナーは、解剖生理学の知識をクライアントの健康維持やケガの予防に活用できます。

知識に裏づけられたリハビリテーションやトレーニングメニューの作成、アスリートのケガの予防や応急処置などをおこなう仕事です。

フィットネスクラブのインストラクター

フィットネスクラブのインストラクターの場合、クライアントの身体の疑問や悩みを解剖生理学の知識に基づいてアドバイス・解説をおこないます。

クライアントの疑問や悩みは千差万別なので、明確に回答を示すには医学の基礎にあたる解剖生理学の知識が役立ちます。

まとめ

解剖生理学は、人体の構造・仕組み・機能に関する学問です。解剖生理学を身につける事で、科学的根拠に基づいたトレーニングやリハビリテーションの提案、ケガのケアをおこなえるようになります。実際、医療系のさまざまな職種やスポーツトレーナーなどの仕事に、解剖生理学の知識が活用されています。

将来的にトレーナーの仕事に就きたいと考えている人は、養成校や資格試験対策を通じて解剖生理学を学ぶ場面があるでしょう。トレーナーになるためにも重要な知識になるため、将来どのように活用するのかを意識しながら学習に取り組む事が大切です。

PR トレーナー求人情報

※掲載店舗は、一部のみです。ご了承ください

パーソナルトレーナーの方、
学校、求人、開業の相談は
LINEにてお気軽に相談ください

友だち追加

いいね!を押して、ダイエットの最新記事を受け取ろう。

nishio

nishio

トレーナー向け記事ランキングarticle ranking

LINEで、お気軽に質問できます
パーソナルトレーナー フィットネス パーソナルジム インスタグラム
パーソナルトレーナー フィットネス パーソナルジム フェイスブック
日本初のパーソナルトレーナーのための実技スクール

カテゴリ 一覧

パーソナルトレーナー向け