FWJとは?コンテストの内容や出場方法・登録方法を紹介!

スポーツジムやフィットネスクラブが急増している現状から想像できるように、日本では空前の「筋肉ブーム」が巻き起こっています。

運動不足解消・体力増強・シェイプアップなど、トレーニングに励む理由はさまざまなものがあると思います。なかには、フィットネス競技に参加して肉体美を披露したいと考えている人もいるでしょう。

そこで今回は、フィットネス競技を語るうえで欠かせない「FWJ(Fitness World Japan)」の概要や、コンテストの内容・出場方法などを詳しく解説します。

FWJとは?

フィットネス競技への参加を検討しているなら、まずはFWJの概要を押さえておきましょう。

フィットネス競技の日本最高峰!

FWJとは「Fitness World Japan」の頭文字をとった略称で、フィットネス競技に関するコンテストの企画・運営・競技選手のサポートなどをおこなう選手支援企業を指します。もともとは「NPCJ(National Physique Committee Japan)」の名称で活動していましたが、2020年1月1日から現在のFWJに改名されました。

選手目線に立った各種コンテストを開催したり、フィットネス先進国として知られるアメリカへのチャレンジを支援したりするなど、国内外でさまざまな事業を展開しています。

「IFBB(国際ボディビルダーズ連盟)」との関係性も深く、コンテストを通じて多数のプロ選手を輩出しており、フィットネス競技コンテストの運営会社では日本最高峰といっても過言ではありません。

フィットネス競技選手を後押し!

FWJでは「フィットネス競技を通じて人種差別をなくし、健康促進や文化発展につなげて、一人ひとりの生活を豊かにする事」を運営理念に掲げています。この理念に基づき、フィットネス競技の選手に対して手厚いサポートを提供しています。

主催コンテストでは競技カテゴリを細分化し、初心者からプロまで老若男女問わず、誰でも気軽に出場できようにしています。スポーツジムやフィットネスクラブで本格的に鍛えている人はもちろん、自宅でトレーニングをおこなっている人も出場可能です。

FWJでは、コンテスト出場者に向けた対策セミナーも開催しています。ポージングのコツを教わったり、審査基準を質問したりできるため、初心者はチェックしておくと良いでしょう。

主催運営会社は?

FWJの主催運営会社は「一般社団法人NPCJ」です。ボディビルやフィジークなど、フィットネス競技全般を手がけている会社で、コンテストやセミナーを開催したり、子どもたちにフィットネス競技の魅力を伝えたりする事業を展開しています。

そして理事や顧問には、数々のボディビル大会で優勝している堺部元行氏、日本人唯一のIFBBプロボディビルダーである山岸秀匡氏など、有名ボディビルダーが名を連ねています。

一般社団法人NPCJは、すべての選手に対してルールとマナーに基づく公正公明な審査をおこない、ドーピング行為に対して厳しい見解を持っています。薬物使用を禁じる事はもちろん、薬物を使っていると公言している選手のイベント参加も一切禁止している事から、信頼性の高い会社といえるでしょう。

FWJが実施している大会やコンテスト

FWJはさまざまな大会やコンテストを実施しています。そのため、最初のうちはどれに出場すれば良いのか迷ってしまうかもしれません。競技カテゴリや世界大会に触れながら、FWJの大会・コンテストの概要を解説しますので、ぜひ参考にしてください。

カテゴリ別のフィットネス競技

FWJが実施しているフィットネス競技を、カテゴリ別にいくつかピックアップします。

大人部門のカテゴリ(入門編)

  • メンズアスリートモデル:ジーンズなどを着こなし、ファッションモデルのような理想的な肉体を披露
  • メンズフィットネスモデル:上半身はタンクトップ、下半身はジーンズなどを着用し、ファッションモデルのような理想的な肉体を披露
  • ウィメンズアスリートモデル:フィットネスウェアを着用し、トータルバランスに優れた女性的な健康美を披露

大人部門のカテゴリ(ハードトレーニング者向け)

  • メンズフィジーク:夏のビーチで映える引締まった肉体を披露
  • ミニビキニ・フィギュア:ツーピース水着を着用して女性らしい筋肉美やカリスマ性を披露
  • ボディビル:徹底的に鍛え上げた肉体を披露

子ども・家族向けのカテゴリ

  • キッズフィジーク:日常生活で自然につちかった身体と子どもらしさを披露
  • ファミリーフィジーク:子どもが元気に育っている姿を家族とともに披露

このように、本格的に競い合うカテゴリや家族で出場できるカテゴリなど、バリエーションに富んでいます。

そのほかに、FWJオリジナルの競技カテゴリもあります。公式ホームページ(https://fwj.jp/competition/)にカテゴリ一覧が掲載されているので、ぜひチェックしてみてください。

世界大会に向けたリージョナルコンテストとしての位置づけ

「Olympia Amateur(オリンピアアマチュア)」や「Pro Qualifier(プロクオリファイ)」などの世界大会の出場権を得るためには、日本国内でおこなわれるリージョナルコンテストに出場して出場証明書を得なければなりません。

FWJは、リージョナルコンテストの主催および出場証明書の発行をおこなっています。
出場証明書がなければ世界大会のチェックイン時に失格となるので、出場を考えている人は、まずFWJのリージョナルコンテストに出場しましょう。

国際大会やプロ競技者向けの大会運営

FWJでは、日本在住・在日・米軍基地在留者を対象とした国際大会、IFBBのプロしか出場できないプロ競技者向けの大会も運営しています。

これらの大会に出場できない場合でも、観客として競技を観戦できます。海外選手やプロの鍛え抜かれた肉体をチェックしてみましょう。

FWJへの出場方法や選手登録方法

FWJの大会・コンテストに出場する場合、出場方法や選手登録の流れもきちんと押さえる事が大切です。特に注意すべきポイントをまとめたので、こちらもご覧ください。

特別な出場要件はない

FWJ主催の大会・コンテストでは原則、特別な出場要件はありません。

大会ルールやスポーツマンシップをきちんと守れる人なら、年齢・性別・職種はもちろん、国籍や所属団体なども不問です。未成年者でも、ご両親の承諾があれば出場できます。
さらに、競技カテゴリ別に設けている出場要件さえ満たしていれば、複数の競技カテゴリに出場する事も可能です。

居住地と違う場所で開催される大会・コンテストにも出場できるため、都心部に住んでいる人が観光を兼ねて地方大会に出場しても問題ありません。どの場所からでも参加できるので、さまざまなコンテストにチャレンジしてみると良いでしょう。

FWJカード登録が必要

FWJの大会・コンテストに出場するためには、選手登録の手続きとして、あらかじめ「FWJカード」を登録する必要があります。この登録には、事前の書類審査や面談はありません。

FWJカードとは、スマートフォン・タブレット・パソコンで確認できるデジタルカードです。年齢・性別・身長・体重などの選手情報に加え、大会やコンテストの申込み状況・参加履歴・エントリー番号などを登録できます。

エントリー番号は当日のチェックインに使うため、デジタルカードを閲覧できるスマートフォンかタブレット、もしくはエントリー番号の表示画面を印刷した用紙が必要です。

なお、FWJカードの登録には、別途の費用がかかります(16歳までは無料)。FWJカードの有効期限は登録年の1月1日~12月31日となり、1年ごとに登録更新が必要なため、期限切れに注意しましょう

世界大会も視野に入る!

特定の競技カテゴリの参加者が、FWJカードとは別に「NPC Worldwideメンバーシップ」に登録すれば、世界大会への道が開けます。国内外問わず実績を積み重ねたいなら、検討する価値があるでしょう。

NPC Worldwideメンバーシップの登録は、FWJコンテスト当日にFWJ事務局が代理でおこなうので、登録料を支払うだけで完了します。

まとめ

空前の「筋肉ブーム」が巻き起こっている現在、日本でもボディビルやフィジークなどのフィットネス競技が浸透しつつあります。

フィットネス競技の主催団体はFWJ以外にもいくつかありますが、初心者からプロまで幅広い選手をサポートしているFWJは特にオススメです。

日頃のトレーニングで培った自慢の肉体美を披露したい、フィットネス競技のプロを本格的に目指したい人は、大会出場を検討してみると良いでしょう。

PR トレーナー求人情報

※掲載店舗は、一部のみです。ご了承ください

パーソナルトレーナーの方、
学校、求人、開業の相談は
LINEにてお気軽に相談ください

友だち追加

いいね!を押して、ダイエットの最新記事を受け取ろう。

nishio

nishio

トレーナー向け記事ランキングarticle ranking

LINEで、お気軽に質問できます
パーソナルトレーナー フィットネス パーソナルジム インスタグラム
パーソナルトレーナー フィットネス パーソナルジム フェイスブック
日本初のパーソナルトレーナーのための実技スクール

カテゴリ 一覧

パーソナルトレーナー向け