食生活アドバイザーの仕事内容と資格の活かし方

健康意識や食事への関心が高まっている現代、注目を集めている資格が「食生活アドバイザー」です。食生活アドバイザーの資格を取得する事で、人々の食生活をサポートする仕事に活かす事ができます。

そこで今回は、食生活アドバイザーの概要を紹介したうえで、資格の活かし方・就く事のできる仕事の内容・資格を取得するための勉強方法など解説します。

食生活アドバイザーになるには?

食生活アドバイザーの資格を取得していると仕事の幅が広がります。どのようにすれば資格を取得できるのか、その方法を紹介します。

食生活アドバイザーとは?

食生活アドバイザーは「食」と「生活」に関する事業を展開している一般社団法人FLAネットワーク協会が認定する民間資格です。食生活アドバイザーの資格を持っている人は、人々が健康的な生活を送れるよう、広い視野を持って食生活全般を提案するスペシャリストと認められます。

食生活アドバイザー資格を取得する方法

食生活アドバイザーの資格取得には、FLAネットワーク協会が年2回実施している検定試験に合格する必要があります。

検定試験は3級と2級の2つがあります。3級はマークシート方式の五肢択一問題、2級は六肢択一問題と記述式問題が出題されます。3級は100点満点中60点以上、2級は123点満点中74点以上が合格ラインとなっています。

3級のカリキュラムは家庭での料理や食材選びの段取りなど、消費者の立場の問題がおもな内容です。2級のカリキュラムは、栄養学や衛生管理など、食を提供する立場に関する内容が出題されます。食ビジネスの視点が求められるなど資格を仕事に活かしたいなら2級の取得が望ましいです。

食生活アドバイザーの合格率

食生活アドバイザーの平均合格率は3級が65%、2級が40%となっています。

2級の合格率が低い理由は、記述式問題が出題されるほか日常生活とあまり関わりのない内容の出題などが原因と考えられます。

食生活アドバイザーの仕事内容

食生活アドバイザーの資格を取得すると、人々の食生活をサポートする業務・仕事に従事するのに有利に働きます。食生活アドバイザーが活躍できるおもな職場や仕事内容を紹介します。

医療・福祉・介護施設での食事管理

医療や介護に関する仕事では、栄養バランスを考慮した食事の管理・提案が必要となります。栄養学に詳しい食生活アドバイザーは、施設利用者の状態に合わせて適切な食材や食材を提供するための提案や、食生活に関する質問に答える事もあります。

スーパーや百貨店の食品コーナー

スーパーや百貨店の食品コーナーでは、さまざまな食材が販売されており、多くの消費者が買い物に訪れます。食生活アドバイザーの食品学や衛生管理の知識を活かして、安全・衛生を意識しながら食材を仕入れたり食品表示をチェックしたりします。さらに消費者に美味しい調理法の提案などもおこないます。

飲食店

飲食店では、美味しさを追求したり、健康面を意識したメニューを考案したりします。さらには、店舗の衛生管理をアドバイスするほか、食流通の知識を活かして経営に関わるケースもあります。

学校などの教育現場

意外かもしれませんが、食生活アドバイザーは学校などの教育現場でも活躍しています。子どもたちの健康・衛生を守る取組みを検討したり、食文化やテーブルマナーに関する教育をしたりするなど幅広い業務に携わっています。

資格のW取得で広がる食生活アドバイザーの仕事内容

以下のような資格を持っている場合、食生活アドバイザーの資格もあわせてW取得すれば、仕事の幅はさらに広がります。

スポーツトレーナー系資格

スポーツトレーナーはトレーニング指導や応急処置だけではなく、健康管理にも携わります。公認アスレティックトレーナーなどのスポーツトレーナー系の資格に加えて、食生活アドバイザーの資格を取得する事で、食生活に関するサポートができるようになります。

栄養士

栄養士は栄養学の深い知識に基づいて、栄養バランスの良い献立を考えたり、食生活のアドバイスをしたりします。食生活アドバイザーの知識で経済面・環境面に踏み込んだアドバイスなど実用性の高いスキルを発揮でき、仕事の質が高まるのはもちろん店舗経営や衛生管理の業務も担当できるようになります。

ホームヘルパーなど介護系の資格

ホームヘルパーや介護福祉士など介護系の資格に加えて、食生活アドバイザーの資格取得によって、利用者をサポートする能力が強化されます。健康的な食生活を送るための生活指導をしたり、訪問介護に従事できたりします。

保育士や教師などの教育関連

保育所などで働く保育士や教育機関で勤務する教師は、食生活アドバイザーの知識を得ることによって、より子どもの視点に立った食育指導ができるようになります。健康指導や資源リサイクルに関する環境教育・テーブルマナーの教育などもします。

食生活アドバイザーの仕事内容の大変さとやりがい

食生活アドバイザーの仕事は、人々の健康に深く関連しているので大きな責任をともないます。大変ですが、その一方でやりがいも感じられる仕事です。食生活アドバイザーに求められるスキルや仕事のやりがいについて見ていきましょう。

食生活アドバイザーに求められるスキル

食事や健康に関するアドバイスする機会が多いので、物事をわかりやすく説明する力が求められます。食生活全般の幅広い知識を必要となるので、仕事に就いてからも学び続ける姿勢が大切です。

職場によっては立ち仕事が多い場合もあり体力も必要となってきます。

食生活アドバイザーのやりがい

食生活アドバイザーは、食事を通じて利用者の健康を守る事になるため、誰かの役に立っているとやりがいを実感しやすい仕事です。食品学・栄養学・衛生管理などの幅広い知識を活かしてスキルアップも目指せます。

資格取得の過程で学んだ知識は、家庭でも役立ちます。栄養バランスに優れた食事を作って自分や家族の健康を守るのに活かす事ができます。

食生活アドバイザーの資格取得方法とは?

食生活アドバイザーの資格取得を目指す場合、勉強方法は大きく分けて2つあります。

独学

食生活アドバイザーの資格は、独学でも取得可能です。FLAネットワーク協会から、公式テキスト・問題集・重要用語辞典などが販売されているので、これらを活用して必要な知識を習得できます。

民間出版社から発売されているテキストや問題集を使って勉強する人もいます。学習スタイルは人それぞれなので、自分に合ったものを選択しましょう。

通信講座

一発合格したい人や、独学を続ける自信がない人は、資格取得のための通信講座を活用してください。FLAネットワーク協会公認の学校法人産業能率大学総合研究所・株式会社ユーキャン・株式会社日本能率協会マネジメントセンター(JMAM)の通信講座があります。

講座によって受講料は異なり、基本的に独学より費用がかさみます。カリキュラムがしっかり組まれていたり、講師にメールなどで質問したりできるなど、サポート体制が充実しているのが通信講座のメリットです。

まとめ

食生活アドバイザーは、健康や栄養との関連性が深い資格です。就職や昇給に対して直接有利に働く資格とまではいえませんが、仕事の幅を広げたり、スキルアップを図ったりするなど、さまざまな活用方法があります。

資格取得のハードルもそれほど高くないため、やる気があれば誰でもチャレンジできる資格です。食生活アドバイザーの知識を身につければ、仕事に加えて私生活にも活かす事ができるため、食生活アドバイザーの資格取得を検討してみてはいかがでしょうか。

PR トレーナー求人情報

※掲載店舗は、一部のみです。ご了承ください

nishio

nishio

トレーナー向け記事ランキングarticle ranking

カテゴリ 一覧

パーソナルトレーナー向け