生活習慣病予防プランナーとは?資格取得までの流れやメリットを紹介

生活習慣病といえば、高血圧・肥満・動脈硬化・糖尿病など、慢性的な症状・疾患が思い浮かぶかもしれません。しかし、現代人の死因の多くを占めるがん・心筋梗塞・脳卒中も、すべて生活習慣病として位置づけられています。そこでニーズが高まっているのが、生活習慣病予防と健康増進のスペシャリストである「生活習慣病予防プランナー」です。

今回は、生活習慣病予防プランナーの概要や資格を取るメリット、資格取得までの流れを詳しく解説します。

生活習慣病予防プランナーとは

生活習慣病予防プランナーとはどのような資格であるのか、まずは概要を説明します。

生活習慣病予防プランナーはどんな資格?

生活習慣病予防プランナーは、誰もが暮らしやすい共生社会の実現を目指している一般社団法人ケアフィット推進機構が認定する民間資格の一つです。生活習慣病予防や健康増進に役立つ幅広い知識、および食事や運動に関する実践的なスキルを身につけたエキスパートである事を証明する資格です。

生活習慣病予防プランナーの資格を取得すれば、生活習慣病を予防するための対策を考えたり、自分や家族など身近な人の健康を守ったりするのに役立ちます。業種や職種にもよりますが、仕事でも活用できるでしょう。

資格の合格率・難易度は?

生活習慣病予防プランナー取得の資格試験の合格率は公表されていませんが、知識ゼロの状態から最短3か月で取得できるとされているので、難易度はさほど高くなさそうです。

資格取得にかかる費用はどのくらい?

通信講座のスクールを通じて申込む場合、教材代金と試験料などすべて含まれた費用がかかります。分割払いに対応しているほか、銀行振込やクレジットカード払いなど複数の支払い方法が用意されているため、自分の経済状況に合わせて選ぶ事が可能です。

生活習慣病予防プランナーになると何ができる?

生活習慣病予防プランナーになれば、資格取得の過程で身につけた知識・スキルを活かして、家族の生活習慣病に対する予防ケアをおこなう事ができます。食事と運動の両面から適切なアドバイスができるため、日常生活から健康をサポートできるのはもちろん、生活の質を高められます。

自分の健康を守る目的でも、生活習慣病予防プランナーの知識・スキルは役立ちます。健康診断の結果や自覚症状に基づいて予防ケアを取入れたり、日常生活を根本から見直したりするなど、さまざまなプランを実現できます。

どんな人に向いている?

生活習慣病予防プランナーの資格は、自分や家族の生活習慣病をしっかり予防したい人、栄養バランスが整った献立で食生活を改善したい人などにオススメです。健康診断の結果が悪くて不安を感じている人も、この資格の取得で状況を好転できる可能性があります。

フィットネスジムのトレーナーや介護施設のスタッフなど、健康に携わる仕事をおこなっている人にもオススメです。食事や運動に関する知識・スキルを活かせば、より良いサービスを提供できるでしょう。

生活習慣病予防プランナーの資格を取るメリット

生活習慣病予防プランナーの資格取得で、具体的にどのようなメリットが得られるのでしょうか。生活習慣病予防プランナーの資格を取得する3つのメリットを紹介します。

食生活の改善が即実践できる

生活習慣病予防プランナーのテキスト教材には、生活習慣病の基礎知識や食事との関連性、食事が健康に与える影響など、食生活の改善に役立つ内容がたくさん掲載されています。気になる症状・疾患を踏まえながら、食材選びのコツや注意点などを学べるため、勉強しながら即実践できます。

教材には生活習慣病を予防するためのレシピもあります。健康状態に合わせて食材を選んで普段の献立に取入れる方法なども理解できるため、実践にも役立ちます。

正しい運動方法が学べる

生活習慣病予防プランナーの資格を取得する場合、正しい運動方法を学べる事もメリットです。生活習慣病と運動の関連性、予防ケアを踏まえた効果的な運動方法など、テキスト教材を通じて有用な知識・スキルを習得できます。

テキスト教材だけではなく、生活習慣病予防のためのエクササイズ映像を収録したDVD教材もついてきます。どのような効果をもたらす動きなのか、エクササイズの種類ごとに動画で理解しながら、実際に運動をしながら学ぶ事ができます。

知識の一つとしてアドバイスができる

食事や運動に関する実践的な知識を活かせば、適切にアドバイスできます。家族の生活習慣を見直して予防ケアを提案したり、友人からの健康相談に乗ったりするなど、さまざまなシーンでの活用が可能です。

スポーツジムやフィットネスクラブのトレーナーとして働いている場合、利用者に話題を提供してアドバイスするのにも活用できます。献立やトレーニングメニューの提案によって、利用者の好感度を得られれば、勤務先からの評価を高めるのにもつながります。

生活習慣病予防プランナーの取得方法

生活習慣病予防プランナーを目指す場合、資格取得までの流れを理解するのも大切です。受験資格や試験内容をきちんと理解して、万全の状態で臨みましょう。

通信講座で受講

生活習慣病予防プランナーの資格を取得するためには、通信講座を受講する必要があります。検定試験も含めて、すべて通信制の形式でおこなわれるため、在宅で受講・受験できます。もしわからない内容がでてきても、メールなどで気軽に質問できるので、スムーズに勉強を進められます。

生活習慣病予防プランナーの受験資格は特になく、年齢や学歴を問わず誰でもチャレンジできます。

検定試験を受けるまでの流れ

生活習慣病予防プランナーの通信講座では、カリキュラムをすべて履修してから検定試験を受けます。受講期間中に添削課題を2度提出します(第2回添削課題が検定試験)。検定試験は各人の都合で受けられるため、時間を取りにくい人も受験しやすくなっています。

検定試験の概要

検定試験は全30問のマークシート方式で、在宅受験の形式でおこなわれます。合格基準は70%の正答率なので、30問中21問以上正解すれば合格です。ケアレスミスがないよう確認して提出するよう心がけてください。

検定試験合格後、受験者の住所・氏名などの情報が「資格保有者情報」として一般社団法人ケアフィット推進機構に提供され、生活習慣病予防プランナーとして認定されます。

受講期間はどのくらい?

生活習慣病予防プランナーの標準受講期間は、最短3か月となっています。大まかなスケジュールと内容は以下のとおりです。

  • 【1か月目】生活習慣病予防の基礎知識
  • 【2か月目】予防のための栄養と食事
  • 【3か月目前半】予防のための運動+第1回添削課題
  • 【3か月目後半】第2回添削課題(検定試験)

3か月で資格取得する場合、1日あたりの勉強時間は15分程度なので、無理なくコツコツ続けられます。受講期間は最大6か月まで設定されており、家事や仕事で忙しい人にもオススメです。質問や添削も含めて6か月間はすべてのサービスを利用できます。

まとめ

生活習慣病予防プランナーの資格を取得すれば、多くの現代人が抱えている生活習慣病を予防するのに必要な知識・スキルを習得できます。自身や家族の健康につながるのはもちろん、仕事の際の話題の糸口にもなりやすく、取得のメリットも多い資格です。

カリキュラムの履修から検定試験まで、すべて通信講座なので、在宅で気軽に受講できる点も見逃せません。生活習慣病予防プランナーの資格取得には必要な勉強時間もそれほど多くないため、ぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

PR トレーナー求人情報

※掲載店舗は、一部のみです。ご了承ください

nishio

nishio

トレーナー向け記事ランキングarticle ranking

カテゴリ 一覧

パーソナルトレーナー向け