スポーツ栄養プランナーとは?資格を取得するメリットや受験方法

「スポーツ現場で働きたい」「専門家としてアスリートの食環境を整えたい」と考えているなら、スポーツ栄養プランナーの資格取得を検討してみましょう。スポーツ栄養プランナーになると、トレーニングの内容に応じて栄養摂取のやり方を変える事ができます。

そこで今回は、スポーツ栄養プランナーの概要や資格を取得するメリットなどについて詳しく解説していきます。

アスリートを支えるスポーツ栄養プランナーとは

スポーツ栄養プランナーになると、食の方面からアスリートを支えるサポートができます。ここからは、スポーツ栄養プランナーの概要や、資格を取得するとできる事などについて見ていきましょう。

スポーツ栄養プランナーはどんな資格?

スポーツ栄養プランナーとは、Office LAC-Uが認定している資格です。Office LAC-Uは多くのトップアスリート・メダリスト・オリンピアンの栄養指導経験をもつ石川三知先生が代表を務めている機関です。

「一人ひとりの快適を実現するための体つくり」を目標に掲げて活動を展開しています。Office LAC-Uが認定するスポーツ栄養プランナーの資格を取得すると、スポーツ栄養のスペシャリストとしての活動が展開できるのです。

資格取得後は適切な栄養サポートができる立場の人間として働く事も可能であるため、実際のスポーツ現場での指導もおこなえます。

スポーツ栄養プランナーになるとできる事

スポーツをするうえで、栄養管理が大切なのはいうまでもありません。しかし「何を、どれくらい」または「どれくらいの量を」「どのタイミングで」という事については、意外と知られていないのが実情です。スポーツ栄養プランナーになると、運動する人の年代やトレーニング内容に合わせて適切な栄養サポートができるようになります。

加えて、アスリートに対して食事の楽しみも提供できます。アスリートにとって、栄養バランスの取れたおいしい食事を摂取することは重要です。

しかし、単に栄養バランスが取れているだけの食事を摂取し続けると、食べる楽しみを失ってしまうおそれもあるでしょう。スポーツ栄養プランナーは、その知識を活かして、「食べる事は楽しい」と実感できるようなメニューの提案をしていきます。

スポーツ栄養プランナーはどんな人に向いている?

スポーツ栄養プランナーの資格は、正しい知識による栄養サポートを実現したいと考えるすべての人に向いています。

アスリートやスポーツ愛好家

アスリートやスポーツ愛好家の多くが、正しく栄養摂取をする事がパフォーマンスの向上につながるという点に気づいています。そのため、スポーツ栄養プランナーの資格を取得しておくと、自分自身が正しい知識を持ったうえで食環境の改善ができるようになります。

スポーツをする子どもがいる家族

スポーツ続けている子どもがいる家庭では、栄養バランスへの十分な配慮が求められます。スポーツに取組む子どものなかには、慢性的なケガに悩んでいる子も少なくありません。ケガを繰返さないためにも、成長に合わせた健康的な身体を作るためにも、スポーツ栄養プランナーの知識は必要です。

マネージャーなど、競技者やチームを支える存在の人

競技者やチームを支えるマネージャーなどを務めている人の場合、タイミングに合わせた栄養摂取のアドバイスができる事も求められます。トレーニング中や試合前など、それぞれのシーンに応じて適切な栄養摂取ができるようになると、選手のパフォーマンスの向上につながります

スポーツ関連の仕事に、スポーツ栄養の知識を活かしたい人

パーソナルトレーニングジムなどでスポーツ関連の仕事をしている人にも、スポーツ栄養プランナーの資格は向いています。資格取得後は、トレーニングに関する事だけでなく、食事の指導もおこなえるようになります。

スポーツ栄養プランナーの強みを知ろう

スポーツ栄養に関する資格の種類は非常に豊富であるため「自分にはどの資格が合っているか」という点で悩む人は少なくないでしょう。ここでは、スポーツ栄養プランナーの強みについて3点紹介します。

実践的なレシピ集がある

料理を毎日している人でも「レシピを最初から考えるのは苦手」という人はたくさんいます。スポーツ栄養プランナー講座の教材には、スポーツ栄養を毎日の食事に反映できるよう150品ものレシピが掲載されたテキストが用意されています。

レシピ集には栄養素やカロリー、調理時間の目安や、朝・昼・夜どの時間帯向けのレシピか一目でわかるように記載されています。そのため、このレシピ集を見ながら食事作りをするだけで、スポーツ栄養に関する基本が学習できます。

また、食事記録ノートやアスリート食作り実践DVDも用意されているため、毎日献立を考える際の強力なサポートとなります。

健康管理にも役立つ

スポーツ栄養は、トップアスリートだけに必要なものではありません。毎日運動をしている人のなかには、健康維持のために身体を動かしている人もいます。このような人にも、スポーツ栄養は役立ちます。スポーツ栄養を取入れた食事を摂ると、ケガをしにくい身体作りが期待できるでしょう。

食べる楽しみも提供できる

スポーツ栄養プランナーの通信講座では、身体の成長を促す料理や、スイーツ作りも学べます。スポーツ栄養プランナーのレシピ集には、スイーツやドリンクなどのレシピも豊富に掲載されています。「アレンジレシピ」は通常のレシピにアレンジを加えると、飽きずに食事が楽しめます。お弁当に向いているレシピにはお弁当マークがついているため、大変便利です。

これらのレシピは、食べる楽しみにもつながっています。必要な栄養素が摂れるだけではなく、食べる事自体を「楽しい」と感じるのは、アスリートにとっても大切な事です。

魅力的なレシピがあるとアスリートのモチベーションを高める食事作りができ、さらにスポーツ栄養の知識まで得られるという点は、スポーツ栄養プランナーの強みの一つといえるでしょう。

スポーツ栄養プランナーになるには

スポーツ栄養プランナーになるための受講方法などを知り、スムーズに学習をスタートさせましょう。

通信講座で受講

スポーツ栄養プランナーは、通信講座での受講が可能です。そのため、自宅に居ながら自分が好きなタイミングで学習が進められます。

スポーツ栄養プランナーの場合、受講開始から8か月が受講期間となっており、この期間内に添削課題を提出しなければなりません。カリキュラムの履修が修了した時点で受験資格が得られ、検定試験を受けるという流れになります。検定は在宅受験である事から、時間に余裕があるときに集中してテストが受けられる点はメリットの一つといえるでしょう。

検定試験において基準点をクリアすると、スポーツ栄養プランナーの資格が取得できます。検定試験はマークシート形式で出題され、70%以上の正答率で合格です。

また、スポーツ栄養プランナーに関しては特別な受験資格はないため、誰でも受験可能となっています。

スポーツ栄養プランナーの資格はどれくらいで取得できる?

スポーツ栄養プランナーの資格に関しては、学習期間は4か月が目安です。この期間内に、スポーツ栄養の基礎的な知識や、トレーニング別の栄養摂取の仕方、メニュープランニングの実践方法などについて学んでいきます。1日あたりの勉強時間の目安は30分となっていますが、指導サポート期間は8か月あるため、自分のペースで学習を進めていく事ができます。

また、スポーツ栄養プランナーの通信講座では、サポート体制も充実している点も特徴の一つです。勉強中にわからない事があったときには、メールなどで気軽に質問ができます。質問サポートを活用して効果的な学習を心がけましょう。

まとめ

スポーツ栄養プランナーとは、スポーツをするすべての人の食生活についてのアドバイスや、毎日の献立作りに役立てられる資格です。そのため、プロアスリートだけでなく、指導者やスポーツに取組む家族がいる場合にも、知識を活かせる資格といえるでしょう。

また、スポーツ栄養プランナーの資格取得で得た知識は、自分の健康管理にも役立てる事が可能です。毎日適切な栄養摂取ができているかどうかは、パフォーマンスの向上にも大きく影響する問題です。栄養管理で健康的な身体を作り、パフォーマンスやコンディションを向上させていきたいなら、スポーツ栄養プランナーの受講を検討してみましょう。

PR トレーナー求人情報

※掲載店舗は、一部のみです。ご了承ください

nishio

nishio

トレーナー向け記事ランキングarticle ranking

カテゴリ 一覧

パーソナルトレーナー向け