スポーツフードマイスターとはどんな資格?独学で取得するための方法を解説!

スポーツ選手の食生活に関心がある場合で基礎的な事を学びたいときには、スポーツフードマイスターの資格取得がオススメです。スポーツフードマイスターの資格を持っておくと、毎日の献立を考えるときにも知識が役立ちます。

そこで今回は、スポーツフードマイスターの取得条件や受験方法、独学での取得が可能かどうかについて、詳しく解説していきます。

スポーツ栄養学の入門!スポーツフードマイスターとは?

スポーツフードマイスターは「スポーツ栄養学の入門」という位置づけの資格といえます。そのため、スポーツ栄養に関する基本的な事を学びたい人には特に適した資格です。ここでは、スポーツフードマイスターの概要や、どのような人に向いているのかについて紹介します。

スポーツフードマイスターとは?

スポーツフードマイスターは、日本安全食料料理協会が制定する民間の資格です。この資格では、スポーツ栄養の基本を学ぶ事ができます。

スポーツフードマイスターの資格を持っていると、献立やレシピ考案などの仕事に携われます。また、学んだ事を活かして実践できるため、より健やかな生活を送る事ができます。スポーツフードマイスターは、スポーツ選手のコンディションを整えるための食事管理ができる事の証明となる資格の一つといえるでしょう。

どんな人に向いている?

スポーツマイスターの資格は、あらゆるシーンで役立ちます。ここでは、スポーツマイスターに向いている人について見ていきましょう。

家族にスポーツアスリートを目指す人がいる

家族にスポーツアスリートを目指す人がいる場合は、食事の管理を徹底しておこない、健康で丈夫な身体作りをする事が欠かせません。しかし「栄養バランスが取れている」というだけでは、物足りなさを感じる事もあるでしょう。

スポーツフードマイスターの資格を取得すると、筋力や持久力を考慮したうえで、年齢や競技に応じた主菜・副菜・スープ・おやつ・ドリンクなどのレシピの考案もできるようになります。コンディションを整えるだけではなく、食べる楽しみも提案する事ができます。

子どもの運動と栄養に興味がある

育ち盛りの子どもが運動をしている場合は、栄養バランスだけでなく「何をどれくらい食べさせたら良いか」という点が気になります。スポーツフードマイスターでは、年齢に応じた食事のサポートが可能です。

スポーツ栄養の基礎を学びたい

スポーツ現場やトップアスリートの多くが、スポーツ栄養の重要性を理解しています。食事がコンディショニングやパフォーマンスにどう関わるのか、といった基本的な事を学びたい人にもスポーツフードマイスターの資格取得は向いています。

普段の食事の献立にスポーツ栄養の知識を盛り込みたい

毎日献立を考えながら食事を作っている人でも、マンネリ化してしまうという事はよくあります。このようなときにスポーツ栄養の知識を取入れると、より栄養バランスの取れた健康的な食生活が送れるようになるでしょう。

スポーツフードマイスターになるには?

スポーツフードマイスターは、スポーツ栄養の基本から毎日の献立やレシピなど実践レベルまで身につけた人に認定される資格です。スポーツフードマイスター資格の取得条件や受験方法について紹介しますので、スムーズな資格取得を目指しましょう。

スポーツフードマイスター資格の取得条件

スポーツフードマイスター資格を取得する場合、特別な受験資格は必要とされていません。そのため、誰でも気軽に取得を目指せる資格といえるでしょう。

また、スポーツフードマイスターの資格は等級の制定がなく、1種類のみとなります。そのため、誰でも同じ内容の問題で挑めるという特徴があります。

スポーツフードマイスター資格の受験方法

スポーツフードマイスター資格の申込みはとても簡単です。まず、日本安全食料料理協会の公式サイト上から、インターネットで申込みをします。このとき名前・住所・メールアドレスなどの必要事項を入力しましょう。

その後、受験票・試験問題・解答用紙を受け取ります。スポーツフードマイスターは在宅受験であるため、指定期間内に解答して、解答用紙を郵送で返送しましょう。試験期間は、日本安全食料料理協会によってあらかじめ決められています。試験日程は年6回、偶数月に開催されています。試験日程をチェックしたうえで、このなかから都合の良い日程を選んで受験しましょう。

合否に関しては、合否通知日以降に合否結果照会ページで確認ができます。合格者専用ページで申込みをすると、資格認定証と認定カードの発行が可能です。

スポーツフードマイスターは独学で取得できる?

スポーツフードマイスターの資格を取得する場合、申請時に特別な条件はありません。そのため、独学での資格取得を検討する人も多いのではないでしょうか。

ここからは、スポーツフードマイスターは独学で取得できるかどうかについて見ていきましょう。

取得しやすい資格試験

スポーツ栄養にまつわる資格にはさまざまな種類があり、難易度もそれぞれ異なります。そのなかで、スポーツフードマイスターは比較的取得しやすいものといえるでしょう。

日本安全食料料理協会によると、スポーツフードマイスターの合格基準は全体の70%以上の評価と明示されています。加えて、自宅受験のため、時間をかけて理論や概念などを確認しながら解答する事ができます。

これらの事から、スポーツフードマイスターは育児や介護で忙しい主婦や、時間を取りにくい社会人などでも取得しやすくなっています。

独学で取得するコツ

スポーツフードマイスターを独学で勉強して資格取得を目指すなら、いくつかのコツを押さえておきましょう。この資格の受験は在宅でおこなうため、試験期間中に調べながら解答する事ができます。ただ、より知識を深めたいと考えるなら、スポーツ栄養学の基礎・理論・実践に関する書籍を読んでおくのも効果的です。

また、普段から栄養と食べ物に関して興味を持つ事も重要です。スポーツに限らず、思考や判断力はちょっとした栄養不足で低下します。自分や大切な人を形成しているのは食べ物だ、と考えると興味も深まるのではないでしょうか。毎日の食事の献立や栄養バランスなどについて考える事が、食環境を整える事への第一歩です。特に、スポーツ選手の食事に関しては、運動量・競技特性・性別・年齢などに応じた食事を提供する事が求められます。競技の目的に応じて、摂取すべき栄養素は異なります。

例えば、マラソンなどの競技は長時間におよぶ事が予想されます。その場合、糖質の摂取に加えて燃焼する過程で使われるビタミンB1も摂れる献立を考える必要があるでしょう。また、鉄分が不足すると持久力低下につながります。

さらに、身体を動かす事をとおして必要な栄養素を覚えるという方法にもチャレンジしてみましょう。競技種目・年齢・体力などによって、強化すべき身体の部分はおのずと変わってきます。

選手は計画にトレーニングに取組んでいますが、勝てる身体の基盤を作るためには、日々の食事のサポートが大切です。実際に自分が身体を動かす事で、必要となる栄養素が違うという点を実感できる可能性もあります。スポーツへの関心も持ち続けると良いでしょう。

まとめ

スポーツフードマイスターは、スポーツと栄養に関する知識を得たい場合の入門としてオススメの資格です。また、この資格には誰でも気軽にチャレンジできるというメリットもあります。

加えて、スポーツフードマイスターは取得の難易度が低いという特徴もあるため、家族の栄養面をサポートしたい人や、これからスポーツ栄養学の上位資格の取得を検討している人には特に適しています。スポーツ栄養学に興味がある人は、ぜひ資格の取得を検討してください。

PR トレーナー求人情報

※掲載店舗は、一部のみです。ご了承ください

nishio

nishio

トレーナー向け記事ランキングarticle ranking

カテゴリ 一覧

パーソナルトレーナー向け