職業 スポーツトレーナー パーソナルトレーナーとは?

スポーツトレーナーとはどんな仕事?仕事内容、年収、なり方は?

スポーツが好きな人にとって憧れの職業とはスポーツトレーナーです。
しかしその仕事内容・なり方・年収など不透明なことがたくさんあります。

今回はスポーツトレーナーの仕事内容、スポーツトレーナーになる方法、年収、必要な資格をまとめました!

スポーツトレーナーについて相談はこちら

スポーツトレーナーの仕事内容とは?

スポーツトレーナーの仕事内容とはなんでしょうか?

もしもあなたがスポーツトレーナーとしてあるプロチームや個別の選手に帯同したとしましょう。

その時あなたに求められるのはそのチームやアスリートが好成績を残せるように適切なサポートをすることです。

具体的な仕事内容は、ストレングストレーニングの指導、体のケアやリハビリなどの2つです。

スポーツトレーナーの仕事①ストレングストレーニング

アスリートにとっての競技力とは、勝負所で適切なスピード・パワーを操り、自分の思う通りに体を動かすことを指します。

そこに求められるのは瞬発力かもしれませんし、持久力かもしれません。あるいは柔軟性・神経系(慣れ)かもしれませんね。

試合で刻一刻と変わる環境の中、選手が望むパフォーマンスを発揮するにはどんなトレーニングが必要か。それをしっかり把握し提供できることがスポーツトレーナーに求められます。

スポーツトレーナーの仕事①ケア、リハビリ

アスリートにとって試合中や練習中のケガのリスクは切っても切り離せない存在です。

スポーツトレーナーはそうしたケガを未然に防ぐため、選手1人1人の体の状態を分析し、それに応じたストレッチやテーピングを行います。

しかしどれほど入念に準備をしても、ケガが避けられないことも多いでしょう。戦線離脱してしまったアスリートに対して、少しでも早く復帰できるようなケアを行うのも、スポーツトレーナーの大事な仕事です。

こうした仕事の数々は、1人だけで行うこともあればチームにいるドクター、メディカルトレーナーなど複数人体制で対応することも多いです。

仕事内容についてもっと知りたい方はこちら

スポーツトレーナーになる方法!

スポーツトレーナーになるには、大学や専門学校でスポーツトレーナーとしての専門知識や技術を学ぶのが一般的です。

最近では半年で卒業できるスクールも大変人気でございます。

トレーニング、怪我の予防、ケアといった分野を学びますが、その過程で次のような資格を取ることが多いです。

  • アスレティックトレーナー
  • 健康運動指導士
  • 健康運動実践指導者
  • 柔道整復師
  • 理学療法士
  • あん摩マッサージ指圧師
  • 鍼灸師

肝心なスポーツトレーナーになる方法ですが、基本的にスポーツチームのトレーナー募集は、ネットなどで手軽に見つかるような「公募形式」ではありません。

きっかけはチームのスタッフから勧誘されたり、非公開の応募に募集をしたりといったケースがほとんど。

スポーツチームと提携している学校であれば、紹介を通じてチームトレーナーになることもできます。あとは、直接スポーツチームのトレーナーになるのではなく、プロチームと提携しているストレッチ店、ジムなどに就職するなども考えられます。

スポーツトレーナーの働き口は色々あり、プロチームもあれば高校・中学の部活の指導を請け負うことも。その場合、1つのチームで生計を立てるというよりも、複数の部を担当したり、また他の仕事とトレーナー業を兼ねたりします。

いきなりスポーツトレーナーを目指すだけでなく、フィットネスクラブやパーソナルジムのトレーナーとして、キャリアを積む人も多いです。

自分に合った資格について無料相談する

スポーツトレーナーに求められる資格

スポーツトレーナーになるために必要な資格は日本とアメリカで異なります。

まず、日本においてはスポーツトレーナーになるために法的に必要な資格は特にありません。

ただ、これはあくまで「法的には」の話です。
チームではフィジカルの強化、メディカルケアが必ず発生するので、それに準ずる資格はほぼ必須なのが現実です。

スポーツトレーナーとして働いている方で、実際に取得が多い資格はこのあたり。

・日本体育協会公認アスレティックトレーナー:JASA-AT
・柔道整復師
・あんまマッサージ師
・はり師
・灸師
こうして見ると、先ほど学校で取得できる資格と重なりますね。

一方、アメリカでスポーツトレーナーとして働くためには『NATA-ATC』というトレーナー資格が必須となります。

参考:パーソナルトレーナーになるための超難関国家資格 NATA-ATC(ナタ)

NATA-ATCはアメリカの大学で取得できる国家資格であり、この資格取得者はスポーツトレーナーとしてのしっかりとした地位を築くことも可能です。

NATA-ATC資格所有トレーナーから学ぶなら Dr.トレーニングスクール!

Dr.トレーニング【東京・大阪

◆ オススメ度!
★★★★★

◆ オススメポイント!
★アメリカのジムと提携

★安心の就職サポート
★Drトレーニング主催セミナーが無料

◆ 一言コメント
トレーナー業界では有名なDr.トレーニングが運営するスクールです。
代表と講師陣は高難易度の資格NATA-ATCを取得しております。国内のスクールの中でもNATA-ATCを取得している講師は数少ないので是非ご参考にしてみてください。

一番の特徴は、海外最新の知識と技術を常に取り入れており、
就職先もパーソナルジムからプロスポーツ選手の専属トレーナーまで幅広いことです。

また、Dr.トレーニングのスクールは現在実際の授業動画プレゼントしているので、問い合わせるだけでもおトクです!

Dr.トレーニングの詳細はこちら

スポーツトレーナーの給料・年収とは?気になるポイントをチェックしてみました!

現在働いているスポーツトレーナーの平均年収は、約550万円と言われています。

スポーツトレーナーの職場は整骨院、スポーツジム、実業団チーム、プロチームなどがありますが、それぞれで収入はバラつくのが特徴です。

  • 整骨院:約300万円
  • スポーツジム:約350万円
  • 実業団チーム:約300〜600万円
  • プロスポーツチーム:約350〜1000万円

やはり、プロスポーツチームだとかなり年収を見込めますね。中には2000万円以上稼ぐ人もいるほど。

また、必要な資格と同じで給料や年収に関しても日本・アメリカで違いがあります。

アメリカの場合、プロ・アマチュアチームだけでなく、学生スポーツの現場でもスポーツトレーナーの存在は珍しくありません。しかも、彼らの収入は一般会社員より高いこともあります。

無料相談はこちら

パーソナルトレーナーになるために資格取得と一緒に必要なこと

今回紹介した資格のいずれかの取得ができれば、トレーナーが身につけるべき知識の最低限の基礎を知ることができます。

しかし、本当に大事なのは現場に通用する実力を持ったパーソナルトレーナーになることです。

その点で考えると、資格取得だけでは実践経験が積めず、就職・転職や現場での業務に苦労するかもしれません。

実は最近、実技や座学を通じてパーソナルトレーナーに欠かせないスキルを身につけ、かつ資格取得も支援してくれるというパーソナルトレーナー専門の養成スクールが全国に増えています。

知識だけではなくノウハウ・スキルを身に付けたい方、パーソナルトレーナーとしてしっかり活躍できる人材になりたい方は、ぜひパーソナルトレーナー養成スクールをチェックしてみてください!

当サイトからスクールに入学で
祝い金あり!

パーソナルトレーナー養成スクール一覧

スポーツトレーナーを目指したいあなたへ

スポーツトレーナーの仕事内容、なる方法、給与、資格をまとめて紹介しました。

大きくまとめると、次のようになります。

・スポーツトレーナーになるには知識・実力そして人脈を増やしておくことが大切。
・資格はアメリカで活動するのであれば必須。日本でも法的には必要ないが、事実上は必要と言える
・給料や年収は日本とアメリカにより大きく異なる。収入も求めるのであればアメリカへ行くことがおすすめ

スポーツトレーナーの仕事は非常に魅力的であり、素晴らしい仕事です。だからこそ、その仕事に就くなら様々な準備が必要でしょう。

トレーナー エージェンシーでは無料相談窓口を設けていますが、ほとんどの質問が「パーソナルトレーナーになりたい」「スポーツトレーナーになりたい」のどちらかです。

すでにトレーナーとしていくつもの実績を重ねてきたスタッフが、その1つ1つにお答えします。わからないことがあれば、遠慮なく私たちにその思いをぶつけてください!

無料相談はこちら

PR トレーナー求人情報

  • 経験者のみ

    スクール卒業者OK

    正社員の募集

    BRラボ (ビーアールラボ)

    埼玉県 (川口・浦和・北浦和)

    急成長パーソナルジムで店長候補募集!

    募集職種

    パーソナルトレーナー

※掲載店舗は、一部のみです。ご了承ください

服部拓也

パーソナルトレーナー

服部拓也

大手ジム、整体サロンでのトレーナー経験を持ち、パーソナルトレーナー養成スクール「2nd PASS」を卒業した後にトレーナーとして独立。トレーナーエージェンシーでは、パーソナルトレーナーになりたい人、現役パーソナルトレーナー向けコラムを執筆。ダイエットに悩むお客様、集客に悩むトレーナーの両方の悩みの解決を目指している。

トレーナー向け記事ランキングarticle ranking

カテゴリ 一覧

パーソナルトレーナー向け