BLOG

パーソナルトレーナーのためのノウハウ集

パーソナルトレーナーになるには?

落ちる人の原因は何?パーソナルトレーナーの面接で不採用にならない方法

パーソナルトレーナー

服部拓也

パーソナルトレーナーの仕事は接客態度と専門性において、高いレベルを求められます。

トレーナーの求人募集には、経験者だけでなく未経験者でも採用されることは少なくありません。

一方、どんあに経験があっても不採用になってしまう人も。

ジムの採用担当者から話を聞いてみると、実は不採用者には、3つの共通点があったんです。

パーソナルトレーナー面接で不採用になった人①自己主張の激しい人

「自分がトレーニングが好きだから」などの理由は、お客様にトレーニングを押し付ける印象があります。

お客様の中には実は運動が苦手で好きではない方もおり、「本当は苦手だけど、どうしても痩せたいから(渋々)頑張ります」という考えの人もいます。

ただ、このような方は苦手な運動にストレスを感じることもあるでしょう。

ここでトレーナーが単にトレーニングを押し付けると、お客様はジム通いが嫌になりかねません。

自分の意見や考えを持つことも大事ですが、自己主張があまりに強いと今後の接客態度を考えた時に、採用する側は不安になります。

パーソナルトレーナー面接で不採用になった人②自ら学ぶ意欲の感じられない人

「未経験だから研修で学びたい」
「未経験だから経験を積みたい」

など、会社の制度に頼る印象が伝わると採用されにくくなります。

ただ、セミナーに通っていたり資格取得の勉強をしていたりなど、自ら積極的に学ぶ姿勢があるうえでの上のような言葉があれば、むしろプラスの印象になるでしょう。

パーソナルトレーナー面接で不採用になった人③継続力、責任感が無い人

体の変化は一朝一夕で起こるわけではないため、継続力が必要です。

お客様には2ヶ月16回など、ある程度の一定期間通って頂きます。

トレーナーがすぐに辞めてしまいコロコロ担当が変わってしまっては不満が多くなり、継続率の低下にも繋がりかねません。

お客様の結果のために、仕事をきちんとこなす責任感、最後までやり切る継続力がなければなりません。

今まで理由なく職を転々としている人、志望動機や目標を聞かれた時、長期的な目線が少なかったり熱意が感じられなかったりすると、マイナスの印象を与えてしまうでしょう。

パーソナルトレーナーの面接で採用されやすい人の5条件

逆に、ジムに採用されやすい人にはこんな共通点があります。

①明るく人当たりの良い人

パーソナルトレーナーの仕事は接客業のため、印象が何より大事です。

お客様がパーソナルジム通いを決定する際、金額やプログラム内容はもちろんのこと、トレーナーの人柄を非常に重視します。

トレーナーの人柄が、ジム経営を大きく左右すると言っても過言ではありません。

お客様が通いたいと思えるような人柄のトレーナーが、採用する側にも求められます。

②コミュニケーション能力の高い人

パーソナルトレーナーの仕事は食事や運動指導などを通じて、お客様の問題を解決すること。

そのためには的確にお客様の現状の悩みと理想のゴール像を共有する必要があります。

ここで絶対に欠かせないものが、高いコミュニケーション能力です。

お客様を理想のゴールに導き、満足して通って頂くために高いコミュニケーション能力を身に付けましょう。

③基本的な社会常識のある人

パーソナルトレーナーは単に体型を変化させるのみでなく、接客態度でもお客様に満足して頂けなければなりません。

高単価商品であるパーソナルトレーニングのサービスを購入されるお客様は、ある程度の社会人経験がある方が多いです。

そのような方に対して、サービスを提供するトレーナー側の一般常識が無ければ、お客様がジムに通うことは無いでしょう。

お客様に満足して通って頂くために、トレーナーが一般常識を持っていることはとても重要な要素なのです。

④「お客様の役に立ちたい」「お客様の問題を解決したい」という気持ちが強い人

全ての仕事において言えることですが、「ビジネスとは、お客様の問題解決」です。

「自分が筋トレが好きだから、それを仕事にしたいです」

という理由のみでは、もしかしたらエゴとしか捉えられないかもしれません。

「お客様の問題を解決し、理想の状態を手に入れる。それを自分の好きな筋トレでしていきたいです」

このような理由であれば、印象も良くなるでしょう。

お客様のためにトレーナーが存在するということを忘れないでください。

⑤トレーナースクールを卒業しているなど、即戦力となりうる人

(あくまで上記の点を満たしている前提で、)トレーナー経験がある、または養成スクールを卒業しているとなると、大きなプラスとなります。

人間性に加えて専門性も持ち合わせているとなると、即戦力となれるのでやはりジム側からの需要は多いです。

特にスクール卒業生となると、自己投資をして自ら学ぶ意欲があることが行動から伝わるので、採用する側にとっても非常に好印象となるでしょう。

ジム側から「欲しい!」と思われるトレーナーになるために

どうしたら採用されやすいトレーナーになれるのでしょうか?一度「採用する側」の視点から考えてみましょう。

ジムが新たなトレーナーを採用する場合、現状のトレーナーのみでは数が足りなく、お客様を受け入れきれなくなっているという理由がほとんどです。

そんな中で「未経験だから研修で教えてください!」と言われたら、面接で落とされても正直仕方がありません。

逆に、スクール卒業や資格取得など、自ら学んだ証がある場合は、未経験でも採用される確率が高まります。

社会人でも学生でも、無理なく通えるカリキュラムが整っているスクールをまとめました!ぜひ下の一覧から、全国のスクールをチェックしてみてください!

求められるパーソナルトレーナーになりたい方はこちら

PR トレーナー求人情報

  • 未経験OK

    アルバイトの募集

    Dr.ストレッチ

    全国120店舗展開・新規出店エリア(関東・関西)

    【求人】圧倒的業界NO1だから出来る充実の研修制度が魅力 Dr.ストレッチ

    募集職種

    コアバランスストレッチトレーナー

  • 未経験OK

    業務委託の募集

    XSLIM

    大阪

    【求人】※未経験OK※続々出店中のパーソナルジムでキャリアアップ XSLIM

    募集職種

    パーソナルトレーナー

  • 未経験OK

    正社員、 業務委託の募集

    CREBIQ

    表参道

    【求人】※高収入※年収1千万も夢じゃない!メディア出演多数・女性専用パーソナルジムCREBIQ

    募集職種

    女性専用ジムのパーソナルトレーナー

  • 未経験OK

    契約社員、 業務委託の募集

    XSLIM

    京都

    【求人】※未経験OK※続々出店中のパーソナルジムでキャリアアップ XSLIM

    募集職種

    パーソナルトレーナー

※掲載店舗は、一部のみです。ご了承ください

パーソナルトレーナーの方、
学校、求人、開業の相談は
LINEにてお気軽に相談ください

友だち追加

いいね!を押して、ダイエットの最新記事を受け取ろう。

服部拓也

パーソナルトレーナー

服部拓也

大手ジム、整体サロンでのトレーナー経験を持ち、パーソナルトレーナー養成スクール「2nd PASS」を卒業した後にトレーナーとして独立。トレーナーエージェンシーでは、パーソナルトレーナーになりたい人、現役パーソナルトレーナー向けコラムを執筆。ダイエットに悩むお客様、集客に悩むトレーナーの両方の悩みの解決を目指している。

トレーナー向け記事ランキングarticle ranking

LINEで、お気軽に質問できます
パーソナルトレーナー フィットネス パーソナルジム インスタグラム
パーソナルトレーナー フィットネス パーソナルジム フェイスブック
日本初のパーソナルトレーナーのための実技スクール

カテゴリ 一覧

パーソナルトレーナー向け

関連サイト