トレーナー向け資格

健康運動指導士の資格を解説!受験資格、勉強法方法をレクチャーします

これからパーソナルトレーナーを目指す方は資格取得を検討している方も多いかと思います。資格の中には完全独学で取得できるものもあれば、学校での勉強が必須なものまでさまざまです。

今回ご紹介する『健康運動指導士』は、学校での勉強が必須な資格です。その特徴や難易度、資格取得後の活動を、実際に資格を取得したトレーナーの声に基づいて解説します!

健康運動指導士とはどんな資格?

健康指導士とは、『公益財団法人 健康・体力づくり事業財団 』が発行している資格です。

健康・体力づくり事業財団の活動は、昭和53年度から国(当時の厚生省)が主導して始めた「第1次国民健康づくり対策」を、民間の立場から推進するためにスタートしました。

当時の名前は、『財団法人 健康づくり振興財団」。昭和56年に『社団法人国民健康・体力づくり運動協会』と合併し、健康づくり・体力づくりを総合的に推進する団体として、これまで30年以上活動しています。

そして健康運動指導士とは、保健医療関係者と連携しながら安全で効果的な運動を実施するため、運動プログラム作成及び実践指導計画の調整等を行う役割を担う、専門家を意味する資格です。

私たちは一人一人、健康状態、既往歴、運動歴、体力レベルが全て異なります。そんな個人の健康状態に合わせた運動プログラムを作成し、 運動指導を行うことがこの健康運動指導士の仕事というわけです。

パーソナルトレーナーには、各クライアントさんの身体の状態を適切に評価する能力が求められます。そんな時、この資格で学べる勉強内容が活かせるわけです。

フリーランスのパーソナルトレーナーには、全国のフィットネスクラブと業務委託契約を結ぶ方も多くいます。その契約時、健康運動指導士を必須資格の1つとしてあげる施設は少なくありません。

知識面でも活用方法という意味でも、実用度の高い資格なのが、この健康運動指導士というわけです。

健康運動指導士と健康運動実践指導者の違い

『公益財団法人 健康・体力づくり事業財団 』には、健康運動指導士とは別に健康運動実践指導者という資格があります。

  • 健康運動指導士は、保健医療関係者と連携しながら安全で効果的な運動を実施するため、運動プログラム作成及び実践指導計画の調整等を行う役割を担う、専門家
  • 健康運動実践指導者は、医学的基礎知識や運動生理学の知識、健康づくりのための運動指導の知識・技能を持ち、健康づくりのために作成された運動プログラムに基づいて実践指導を行う専門家

どっちがどう違うの?とわからなくなってしまいますよね(笑)。

簡単にいうと、健康運動指導士は対象となる人に合った運動プログラムを設計・調整するのが仕事。

それに対して健康運動実践指導者とは、作成された運動が安全に行われるよう、現場に立って指導をするのが主な仕事です。

プログラム立案者と実行者という、大きな違いがあります。これを踏まえた上で、「私はどちらの資格を取ろうかな?」と考えてみてください。

*2資格をどちらも取得できるカリキュラムを用意した学校も多くあります。

健康運動指導士の試験詳細

健康運動指導士は、財団に認定された「健康運動指導士養成学校」でのカリキュラムを修了することが必須です。

それに加えて、どのような受験条件を満たす必要があるのか、試験内容はどんなものかをまとめました。

受験資格

健康運動実践指導者を取るために、下記の受験資格を満たしていることが必須になります。

  • 健康運動指導士養成校(大学)でカリキュラムを修了する
  • 養成講習会で所定の科目を学ぶ

*認定養成校詳細はこちらをご覧ください。

養成講習会の内容

健康運動指導士養成校を卒業していない・卒業見込みではない方で、この資格を取得したい方は、養成講習会でそれぞれ必要な所定科目を受講することになります。

健康運動指導士養成講習会とは、健康運動指導士の養成を目的として開催される講習会です。授業内容がA~Fのカテゴリーに分かれているのが特徴です。

  1. 健康管理概論、健康づくり施策概論、運動プログラムの実際、運動負荷試験
  2. 生活習慣病、運動プログラムの実際、運動行動変容の理論と実際、運動とこころの健康増進、栄養摂取と運動
  3. 運動生理学、機能解剖とバイオメカニクス、健康づくり運動の理論
  4. 体力測定と評価、健康づくり運動の実際
  5. 健康づくり運動の実際、運動障害と予防、救急処置、栄養摂取と運動

カテゴリーを見ると、同じ科目のカリキュラムがあることに気づくと思います。健康運動指導士の養成講座を受講する場合、持っている資格、在籍していた学校の種別で、どのカテゴリーを受講するかが変わるからです。

たとえば、鍼灸師、柔道整復師、理学療法士などの資格保有者は、全てのカテゴリーを受講する必要があります。4年制の体育系大学を卒業予定の方は、A・B・Fのカテゴリーの受講で大丈夫といった具合です。

カテゴリーは大きく、4つに分けることができます。

  • 104単位コース
  • 70単位コース
  • 51単位コース
  • 40単位コース

条件は人によって異なるので、もっと詳しい情報が欲しい方はこちらをチェックしてみましょう!

試験内容

試験は筆記試験4択によるマークシート方式で、6割以上正解で合格、資格付与ということになります。

日程

9月、11月、3月が一般的です。開催年によって若干異なるので、HPなどでしっかりチェックしておきましょう。

試験都市

北海道・東京・名古屋・大阪・福岡・沖縄

受講料、登録料

それぞれ受講されている単位のコースにより異なりますのでご確認ください。全て教材込み、税別の金額となります。

  • 104単位コース:262,500円
  • 70単位コース:194,000円
  • 51単位コース:145,500円
  • 40単位コース:121,500円

そのほか、登録料や登録更新料で約2万円ほどかかります。

健康運動指導士の合格率と効果的な勉強方法

ここからは、健康運動指導士に合格するための勉強法や、合格率といったリアルな数字をチェックしてみましょう。

健康運動指導士の合格率…マークシートでも簡単ではない!

健康運動指導士の認定試験合格率は、だいたい60%前後です。

筆記試験自体はマークシート方式、しかも4択なので決して難しくはありません。しかし、上で紹介したカリキュラムを見てもわかりますが、なにせ勉強範囲が広い!

当然、テキストも分厚く出題範囲も広いです。実際の数字よりも、難易度は高いのが健康運動指導士の試験です。とはいえ、超難関国家試験ほどの絶望的な合格率ではありません。

しっかりと勉強をすることで、十分に合格することはできます。

健康運動指導士の効果的な勉強方法

健康運動指導士の合格率は、一時期80%ほどと非常に高い数字を誇っていました。しかし近年、教科書や試験内容が見直され、以前より取得が難しくなっているのが現状です。

実際に試験を受けた方の話を聞くと、「え、こんなところも出るの!?」とテキストからまんべんなく出題されていたとか。

一発合格を目指す場合、テキストの内容を暗記するくらいのレベルで、何度も見直すことがベスト。

通学する日はもちろん、休みの日にもしっかりテキストを読みこみましょう。最低でもテキストを3周はしてください。大学の図書館に置いてある資料と、テキストとを照らし合わせながら勉強するとさらに効果的です。

実際に合格した人のテクニックを、ここで簡単にご紹介しましょう!

  • 教科書をしっかり読み込む
  • マークシートでは、正解を探すよりも選択肢を4つ→2つに絞れるようにする
  • 過去問は重要だけど、同じ内容が出ないことが多い。過去問には頼り切らない
  • テキスト・問題集を参考にしながら、自分で問題を作ってみる
  • 分厚い教科書を持ち歩くのが面倒なので、その日勉強したい内容だけ切り取ったり写真に撮ったりして、移動中に読み込む
  • 絵や図を描きながら、各項目を関連づけて覚えられるようにする

健康運動指導士を一発合格した人は、平均4ヶ月前から試験対策を始めています。先輩たちの受験テクニックを参考に、ぜひ一発合格を目指しましょう!

健康運動指導士の求人

健康運動指導士の資格を取得した場合、主にフィットネス業界、医療業界、介護福祉業界で働くケースが多いです。

雇用形態もバラバラで、正社員・契約社員・アルバイトとさまざま。職場によっては2万円ほどの資格手当が支給されることもあります。

収入は雇用形態次第ですが、多くは200万〜400万ほどと、フィットネス業界の平均値とそれほど差異はありません。中にはフリーランスとして活動し、より高い収入を得る人もいます。

フリーランスの健康運動指導士は何をしているの?

健康運動指導士の資格を持つフリーランスは、行政機関・企業からの依頼を受けて、職員や学生たちに健康指導を行います。場合によっては講演をする機会もあるなど、意外と幅広く活動できるのが特徴です。

健康寿命を伸ばそうという意識が、多くの人に芽生えている現代。健康運動指導士のような資格が活躍する場所は、さらに広がるかもしれませんね。

健康運動指導士はパーソナルトレーナーに必要か?

法律上、パーソナルトレーナーになる上で資格は必要ありません。もちろん、健康運動指導士は必要ないと言えます。

しかし、資格を持っていることは一定の知識を持っている証明になり、お客様との信頼関係を結ぶ上で大きなメリットがあります。

あえて「健康運動指導士が必要な人」「健康運動指導士が必要ない人」とを区別するのなら、次のように分類できるのではないでしょうか。

●資格を取った方が良いトレーナー

・フィットネスクラブでパーソナルトレーナーしての活動を考えている方
・体育系の学校へ行っていない。業界未経験でこれからパーソナルトレーナーを目指す方
・自身のスキル、知識を確かめたい方

●資格は必要性は高くないトレーナー

・すでに個人でジムを持っており、知識も技術も豊富なトレーナー
・他団体のパーソナルトレーナーの資格を保持しているトレーナー

まとめ

健康運動指導士について、主な仕事内容や試験内容、合格の方法を解説しました。健康への意識が高まっている日本で、健康運動指導士のような運動プログラムを作れる人材はかなり重宝されます。

自分の進みたい進路、なりたい職業が健康産業の中にあるなら、ぜひ取得を検討してみましょう!

「すでに社会人として働いていて、今から学校に通うのはしんどいな…」

というかたは、よりトレーナーに特化した授業を受けられる養成スクールもオススメです。

通うのは週1回、3〜4時間だけ。社会人にも通いやすいように平日夜や土日に授業日が設定されています。授業内容も本格的で、大学や専門学校の卒業歴がある方も、再度スクールで勉強し直すケースも多いです。

興味がある方は、下のリンクから全国のトレーナースクールをチェックしてみましょう!

パーソナルトレーナー研究所

PR トレーナー求人情報

  • 未経験OK

    正社員、 業務委託の募集

    Dr.トレーニング

    恵比寿

    『パーソナルトレーナーが働きやすいGYM大賞』受賞!!さらに離職率0%を実現! Dr.トレーニング

    募集職種

    パフォーマンストレーナー

  • 未経験OK

    正社員の募集

    パーソナルジムASPI

    恵比寿

    【求人】「フィットネスアワード全国最優秀受賞」 「全国最優秀トレーナー賞受賞」 成長意欲の高いトレーナー募集!!ASPI

    募集職種

    パーソナルトレーナー
    マネージャー

  • 未経験OK

    業務委託、 店舗経営委託の募集

    POLICY(関東エリア)

    銀座、川崎、浦和、北千住、渋谷、武蔵小杉、池袋

    【求人】女性も積極募集中!未経験から店舗の経営が出来る環境! POLICY(関東エリア)

    募集職種

    ①店舗経営委託トレーナー ②トレーナー

  • 未経験OK

    正社員の募集

    Dr.ストレッチ(関東・関西)

    全国120店舗展開・新規出店エリア(関東・関西)

    【求人】横浜FC帯同のチャンスあり!プロアスリートの体をつくる仕事をしませんか?

    募集職種

    コアバランスストレッチトレーナー

※掲載店舗は、一部のみです。ご了承ください

パーソナルトレーナーの方、
学校、求人、開業の相談は
LINEにてお気軽に相談ください

友だち追加

いいね!を押して、ダイエットの最新記事を受け取ろう。

服部拓也

パーソナルトレーナー

服部拓也

大手ジム、整体サロンでのトレーナー経験を持ち、パーソナルトレーナー養成スクール「2nd PASS」を卒業した後にトレーナーとして独立。トレーナーエージェンシーでは、パーソナルトレーナーになりたい人、現役パーソナルトレーナー向けコラムを執筆。ダイエットに悩むお客様、集客に悩むトレーナーの両方の悩みの解決を目指している。

トレーナー向け記事ランキングarticle ranking

LINEで、お気軽に質問できます
パーソナルトレーナー フィットネス パーソナルジム インスタグラム
パーソナルトレーナー フィットネス パーソナルジム フェイスブック
日本初のパーソナルトレーナーのための実技スクール

カテゴリ 一覧

パーソナルトレーナー向け

関連サイト

personaltrainer-kenkoundoshidoushi無し