トレーナー専門学校/スクール

パーソナルトレーナースクール3種類のメリット・デメリットを徹底解剖しました!

パーソナルトレーナーの勉強は、独学よりも学校で学ぶ方がはるかに効率的です。そして、私は最近、パーソナルトレーナーになりたいなら「3種類のスクール」を比較検討するといいと伝えます。

ここでは、3種類のスクールが持つ特徴と、そのメリット・デメリットを詳しく解説します!

パーソナルトレーナーになりたい人の学校選び①パーソナルトレーナー養成スクール

1つ目の選択肢は、パーソナルトレーナーを専門とした養成スクール。正直にいうと、パーソナルトレーナーとして就職することを目標にするなら、このスクールがもっとも効率的な選択肢です。

パーソナルトレーナー養成スクールは、平日夜や土日などの週1回開催が多く、社会人が仕事を続けながら通うことができます。

パーソナルトレーナー養成スクールのメリット

パーソナルトレーナー養成スクールのメリットは何と言っても「通いやすさ・勉強しやすさ」という点にあります。

通学コースの場合、大抵は平日の夜や土日を使って勉強をすることができるので、働いている人も非常に通いやすい環境が整っています。

また、大抵のスクールは少人数制の教室で勉強をするので、講師の方に様々な質問ができる環境も整っています。

授業内容の専門性の高さですが、この後に紹介する専門学校にも引けを取りません。

スクール生の中にはトレーナー系の専門学校を卒業しながら、改めてスクールで学び直している方もいます。

また授業料が専門学校や大学よりも安いところも魅力的です。

今なら当サイト限定でスクール入学者全員に
10,000円の祝い金をプレゼント!

厳選トレーナースクール一覧

パーソナルトレーナー養成スクールのデメリット

パーソナルトレーナー養成スクールのデメリットは、他のスクールと比べて勉強や学習時間が少ないという点があるでしょう。座学と実技が充実しているものの、やはり週1回の授業を受ける「だけ」では、十分に知識が身につきません。

パーソナルトレーナー養成スクールに限らない話ですが、本気でトレーナーになりたいのなら通学していない間もしっかり勉強をするという覚悟が必要です。

他のスクールよりも安価で入学試験もないので、敷居は低めな一方、勉強途中でリタイアしてしまう生徒がいるのも事実です。

また、他の学校のように「大学卒」「専門学校卒」のような証明を得られる教育機関ではありません。こうした学卒が必要な資格を取ることはできないというのも、念頭におくといいでしょう。

パーソナルトレーナー養成スクールをオススメしたい人はこんな人!

現在働いていたり、大学や専門学校で別の勉強をしている人です。

今のライフスタイルを変えずに、時間を有効活用しながら勉強ができます。生活に最も影響が少ないのが、このスクールの魅力ですね。

今なら当サイト限定でスクール入学者全員に
10,000円の祝い金をプレゼント!

厳選トレーナースクール一覧

パーソナルトレーナーになりたい人の学校選び②専門学校

2つ目のスクールは「専門学校」です。多くが2年制で構成される専門学校では、スポーツトレーナー科といった名称で専用の学科が設けられています。

専門学校のメリット

専門学校のメリットは、パーソナルトレーナーに必要なトレーニングやその周辺知識を、その名前の通り「専門的に」勉強できるという点です。

実践的にトレーニングの指導法を学びつつ、パーソナルトレーナーとして持っておくと便利な「NSCA-CPT」や「NESTA-PFT」「JATI認定トレーニング指導者」「健康運動実践指導者」といった数々の資格取得ができます。

学校卒という学歴も手に入るので、専門職であるパーソナルトレーナーのような職業に就きたい方には、それに特化した学習ができるでしょう。

専門学校のデメリット

専門学校は大学と比べ、働いていても通いやすいカリキュラム体制が整っています。

しかし、比較的シフトの融通がききやすいアルバイトではなく正社員として働いている人は、うまく授業に合わせた時間の調整ができないかもしれません。

専門学校のホームページにあるQ&Aコーナーや資料請求、問い合わせなどを通じて、学校ごとの在学者の状況や就業中の人への対応を確認するのがいいでしょう。

また専門学校の卒業生で、「学校の授業は基礎的な勉強が主体ばかりなので、これだけで現場に通用するとは思わない方がいい」という話をしてくれた方もいました。

やはり、自分で学ぶ姿勢を持たないとパーソナルトレーナーとして大成するのは難しいと言うわけですね。

専門学校をオススメしたい人はこんな人!

専門学校で勉強するのにオススメなのは、これから進路選択を考えている高校生で、専門性の高い勉強を大学よりも短期間で習得したい方です。

「専門学校」か「大学」の2つで進路に迷った時、この特徴に当てはまる方は専門学校をチョイスしてみるといいでしょう。

パーソナルトレーナーになりたい人の学校選び③大学

最後に紹介するスクールは「大学」です。ここでいう大学とは、四年制で卒業するタイプのものと思っていてください。

一見パーソナルトレーナーを目指すのには向いていない選択肢に見えますが、この大学という選択にも様々なメリット、そしてデメリットが存在します。

大学のメリット

大学進学の最大のメリットは、非常に幅広いジャンルのカリキュラムが存在するという点です。

パーソナルトレーナーに必要な解剖学や生理学だけでなく、他のスポーツトレーナーとしての専門知識も広く勉強することができます。

また、在学中の4年間(あるいは2〜3年)の間に、フィットネスクラブやトレーニングジムにアルバイトとして入りつつ、実践でパーソナルトレーナーに必要な技能を勉強するという選択も可能です。

NSCAの資格の1つである「NSCA-CSCS」は、4年制大学の卒業が条件でもあります。

アスリートやスポーツチームを対象にトレーニングプログラムなどの計画・実行を行う知識・技能を認定されている、非常に専門性の高い資格です。

パーソナルトレーナーとして活躍の幅を広げたいという人は、大学に入ってこうした資格の取得を目標に勉強するというのも1つの方法です。加えて、こうした「大卒」であることが条件の資格を取る上でも、大学進学は大きな意味を持つでしょう。

大学のデメリット

大学のデメリットは、時間の拘束という点にあります。

一部では土日や夜間の授業を実施している学校もありますが、すでに働いている人がこれから大学に入って勉強をする!という時間を取るのは非常に難しいかもしれません。

トレーニング系に特化した学部も決して多くありません。卒業後すぐに即戦力として活躍したいなら、国内トップの体育系大学などに進学する必要があるでしょう。

大学をオススメしたい人はこんな人!

パーソナルトレーナーになるために大学進学をオススメしたいのは、ズバリ「これから大学受験を控えている高校生」です。

パーソナルトレーナーという枠組みを超えた、幅広い教養を身に付けたい。そんな方は大学に進学し、腰を据えて勉強と経験を積むといいでしょう。

最短最速で必要な資格を手に入れるにはスクールがオススメ!

アスピ【東京・横浜】

◆ オススメ度!
★★★★★

◆ オススメポイント!
★取得まで徹底サポートで資格取得率100%  ※取得希望者に限ります

★個別指導だから好きな時に通える
★trainer of the year最優秀トレーナーが監修

◆ 一言コメント
私がまずオススメしたいのが「ASPトレーナースクール」です。
ASPトレーナースクールは資格サポートや就職サポートがあって、
実技の回数が多いのでおすすめです。

個別指導なので自分が通いたい時に通え、2か月でNESTA、NSCAを取得し、パーソナルトレーナーになれた実績もございますので間違いないスクールだと思います。

無料相談だけでも「トレーナーと就職に有利になる情報」を手に入れることができるので、ぜひ無料相談してみてください!

下記ボタンのページから問い合わせができます!

今なら資格の攻略マニュアルがもらえるみたいなので、ぜひチェックしてみてください!

ASPの詳細はこちら

Dr.トレーニング【東京】

◆ オススメ度!
★★★★☆

◆ オススメポイント!
★アメリカのジムと提携

★安心の就職サポート
★Drトレーニング主催セミナーが無料

◆ 一言コメント
こちらもトレーナー業界では有名なDr.トレーニングが運営するスクールです。

一番の特徴は、海外最新の知識と技術を常に取り入れており、
就職先もパーソナルジムからプロスポーツ選手の専属トレーナーまで幅広いことです。

また、Dr.トレーニングのスクールは現在海外の最新文献を無料で配布しているので、問い合わせるだけでもおトクです!

Dr.トレーニングの詳細はこちら

nano【愛知・名古屋】

◆ オススメ度!
★★★★☆

◆ オススメポイント!
★個別指導か集団授業か選択可能

★資格取得徹底サポート
★5万人以上のボディメイクを成功させたノウハウ

◆ 一言コメント
名古屋にあるトレーナースクール「nano」も、ASPと同じくトレーナーオブザイヤーに選ばれたトレーナーが講師を勤めるスクールです。

自重トレーニングを中心としたスキルが手に入るので、若年層から高齢者に指導することができ、
スポーツチームの専属トレーナーとして働くことができます!

nanoの詳細はこちら

D-HEARTS トレーナースクール【東京・千葉】

◆ オススメ度!
★★★★☆

◆ オススメポイント!
★世界チャンピオンを指導するトレーナーが講師

★個別指導だから自分の好きな時間に通える!
★即現場で使える実践型プログラム

◆ 一言コメント
東京・千葉にあるスクールで、座学・技術の習得はもちろん、稼げるトレーナーになるためにカウンセリング力の講座から900店舗を超えるジムとの提携をした手厚い就職サポートまでしてくれるジムです。代表トレーナーは世界チャンピオンの指導をしており、ボディメイク界からも大変好評をいただいております。

資格取得率は驚異の100%!個別指導だから一人ひとりのレベルに合わせた指導をしております。個別説明会も行なっておりますので、ご興味がある方は下記ボタンから詳細をチェック!

D-HEARTSの詳細はこちら

TRAINER’S LAB【東京】

◆ オススメ度!
★★★★☆

◆ オススメポイント!
★メディア実績No1

★医師推奨のノウハウが学べる
★卒業後フランチャイズで働ける

◆ 一言コメント
東京にあるスクールで各講師全員が国家資格を所有しております。元大手R社で指導をしていた凄腕トレーナーから座学においては実際の医師が医学の教科書を用いて指導するスクールでございます。全講師が国家資格を所有しているジム様は他にはございません。もちろん、資格の対策講座も実施しておりますので、資格を取りたい方にもオススメのスクールです。

TRAINER’S LABの詳細はこちら

 

まとめ

これからパーソナルトレーナーになる人のために、大学、専門学校、スクールという3つの学校の選択肢を紹介しました。

・最短距離で資格取得をしてトレーナーとしての道を歩みたい
・総合的な勉強をして幅広いジャンルで活躍できるトレーナーになりたい
・パーソナルトレーナーを見据えて今後の進路を選択したい。

などなど、自分のニーズにぴったり合った学校、スクールをぜひ探してみてください!

ちなみに、トレーナーエージェンシーではパーソナルトレーナー養成スクールの中でも特にオススメな学校を一覧にまとめています。気になる方はぜひ一度チェックしてみてください!

今なら当サイト限定でスクール入学者全員に
10,000円の祝い金をプレゼント!

トレーナースクール一覧

トレーナースクール入学者全員に、最大1万円キャッシュバック!入学お祝い金キャンペーン実施中!
未経験者ほどスクールで学んでいる
求人内定者全員に3万円のキャッシュバック!

PR トレーナー求人情報

  • 経験者のみ

    スクール卒業者OK

    正社員の募集

    BRラボ

    埼玉県 川口市 / さいたま市 浦和区

    急成長パーソナルジムで店長候補募集

    募集職種

    パーソナルトレーナー

  • 経験者のみ

    正社員、 契約社員の募集

    エイチベース

    東京 (新宿 / 吉祥寺)

    正社員女性トレーナー大募集! 求む経験者!

    募集職種

    パーソナルトレーナー

  • 未経験OK

    経験者優遇︕

    正社員の募集

    GOODSUN+ (グッドサンプラス)

    愛知(名古屋駅・千種)

    名古屋駅すぐ、セミナー費補助などの充実の福利厚生!

    募集職種

    パーソナルトレーナー

  • 未経験OK

    正社員の募集

    PALMS (パームス)

    大阪(梅田 / 東梅田 / 心斎橋 / 京橋 / 高槻)、京都、東京(渋谷 / 六本木 / 新宿 / 新宿三丁目)、神奈川(藤沢 / 平塚)

    結果を給与へ反映。年収580万円も。

    募集職種

    パーソナルトレーナー

※掲載店舗は、一部のみです。ご了承ください

パーソナルトレーナーの方、
学校、求人、開業の相談は
LINEにてお気軽に相談ください

友だち追加

いいね!を押して、ダイエットの最新記事を受け取ろう。

服部拓也

パーソナルトレーナー

服部拓也

大手ジム、整体サロンでのトレーナー経験を持ち、パーソナルトレーナー養成スクール「2nd PASS」を卒業した後にトレーナーとして独立。トレーナーエージェンシーでは、パーソナルトレーナーになりたい人、現役パーソナルトレーナー向けコラムを執筆。ダイエットに悩むお客様、集客に悩むトレーナーの両方の悩みの解決を目指している。

トレーナー向け記事ランキングarticle ranking

LINEで、お気軽に質問できます
パーソナルトレーナー フィットネス パーソナルジム インスタグラム
パーソナルトレーナー フィットネス パーソナルジム フェイスブック
日本初のパーソナルトレーナーのための実技スクール

カテゴリ 一覧

パーソナルトレーナー向け