トレーナー向け資格

3種類の資格がある?ヘルスケアに関連する資格内容を紹介

健康ブームと言われるようになった現代では、食や運動の面などから改善していくことが健康になれる方法だとされています。昔から健康でなければ長く働けないなどの価値観はあったものの、近年はますますその価値が重要視されているようにも思えます。

そんな中登場したのがヘルスケアという言葉です。ヘルスケアは健康管理のことですが、このヘルスケアに関係する資格も出てきました。この記事では、健康管理のことを学べるヘルスケア資格について紹介します。

1)ヘルスケアとは?

ヘルスケアは健康の維持や予防などに努める健康管理のことです。つまり健康に結びつくこと全てについてヘルスケアだといえます。そのためヘルスケアには多くの資格が該当します。運動は健康維持にとって欠かせないものになりますので、ヨガインストラクターやスポーツトレーナーなどの資格もヘルスケアの資格だと言えるでしょう。そんなヘルスケア資格の中でも特に人気のある資格が以下の3つに分類されます。

ボディケア系資格

ボディケアや施術を行う資格には、国家資格の柔道整復師をはじめ、リンパの流れを活性化させるリンパドレナージュ、アロマテラピーなどがあります。ボディケア系資格は女性に人気が高い資格が多いのが特徴です。

資格によって違いはありますが、東洋医学などをはじめとした人間の身体について勉強することが多いです。リラクゼーションのスキルを習得できるので、仕事に活かすだけでなく、自分の身体や家族などにも役立つ知識、技術を習得できます。

フード系資格

フード系資格もヘルスケア系資格の中では人気が高いものになります。フード系の有名資格といえば栄養士ですが、最近では食生活アドバイザーや食育インストラクターなどの民間資格も知名度を上げています。

栄養士などの資格を取得すればその後の仕事にも活かせますし、自分や家族などの毎日の食事にも役立ちます。毎日食べる食事だからこそ人気のある資格で、様々なところでも重宝されるのが特徴かもしれません。

メンタル系資格

メンタル系の資格は、臨床心理士をはじめとした心理に基づく資格があります。臨床心理士は大学に通わなければ取得できない資格なので、難易度も高い資格です。しかし最近では、民間のメンタル系資格も増えており人気になっています。

民間資格では、メンタル心理カウンセラーやメンタルケアカウンセラーなどは他に比べて、取得が容易ですし、人間の心理について少しだけ知りたいという人にもオススメできる資格です。現代社会では、毎日の仕事にストレスを抱えている人も多いと思います。そんなストレスを内面から見つめるメンタル系の資格は、仕事だけでなくプライベートでも十分に活かすことができます。

今まで紹介したのは健康になるためにどのような対策をすれば良いかという内容の資格でした。健康維持のための食事や運動などがメインの内容です。しかしそのような資格以外にもヘルスケアについてもっと深く知るための資格があるのです。

ヘルスケア資格は「自分のストレスにどのように気づくのか」や「病気のなり方」などのストレスの本質を学ぶことができます。そんなヘルスケア資格では以下の3つの資格が有名です。

ヘルスケアプランナー

ヘルスケア資格の中でも知名度の高い資格で、資格も3段階に分かれているため、勉強を始めやすい資格になります。難易度は低い方から「ホームヘルスケアプランナー」「ヘルスケアプランナー」「上級ヘルスケアプランナー」と分かれています。

ホームヘルスケアプランナーは仕事に活かすというより、自分や家族のために活かせる資格だと考えた方が良いかもしれません。また上級ヘルスケアプランナーになると、論文などの提出もあるので、受かるのは少々難しめです。

(1)学べること

健康やヘルスケアに関することを学校で学んだのは、中学校や高校の保健体育の授業が最後ではないでしょうか。しかもほとんどの人が授業の話なんて覚えていません。そんな保健体育の授業に加えて、健康の概念や人体の仕組みなどをホームヘルスケアプランナーでは学んでいきます。

(2)金額

・ホームヘルスケアプランナー
オンライン受験
在宅通信検定

・ヘルスケアプランナー
オンライン受験
在宅通信検定

(3)難易度

ホームヘルスケアプランナーはヘルスケアの基本ですので、難易度は高くありません。合格率も80%を超えています。

メンタルヘルスケア検定

メンタルヘルスケア検定はNPO法人日本メンタルヘルスケアサポート協会が実施している検定です。メンタルヘルス対策として50人以上の従業員がいる事業所には、ストレスチェックすることが義務付けられたのも記憶に新しいのではないでしょうか。

そんな社会問題にもなっているメンタルヘルス問題を改善するための資格になるのです。ストレスで病んでしまわないよう未然に防ぐだけでなく、仕事のパフォーマンス向上にも役立つ資格になっています。

(1)学べること

メンタルヘルスケア検定は、心の健康について学んでいきます。心の自己管理から部下や職場仲間の心の健康管理を中心に学びます。またストレスチェックに関する基本知識やコミュニケーションに関することも学ぶことができます。

(3)難易度

3級レベルですと難易度は高くありません。しかし準1級以上になると、筆記の試験だけでなく面接もあるので、難易度もグッと高くなります。

メンタル・ヘルスマネジメント検定

メンタル・ヘルスマネジメント検定も会社において社員や自分自身の心の管理について学ぶ資格になります。メンタルヘルスケア検定に近いものがありますが、知名度もメンタル・ヘルスマネジメント検定の方が高いです。

疾病の未然防止と健康増進に重点をおいて、仕事のパフォーマンスの向上や職場環境の改善などに役立つ資格といえます。管理職の方は注目したい資格です。資格も難易度も簡単な方から3種、2種、1種に分かれています。

(1)学べること

3種では自分のストレスや不調に早期に気づき、ケアすることが目標となっています。そのためにもストレスの気づき方や対処法などをはじめ、ヘルスケアの意義などの基礎知識も学んできます。

(2)難易度

3種に関しては合格率80%を超えているので、難しい資格ではありません。しかし1種に関しては合格率が10%ほどとかなり難易度の高いです。

ヘルスケア 女性

3)資格取得後の働き方

紹介した3つの資格があれば転職できるのかどうかといえば、その資格が決め手になって転職が成功することはほとんどないでしょう。管理職などの経験があり、管理職の立場で入社するのであれば、転職の際に優遇される可能性もありますが、基本的にはほとんどないと考えても良いです。

メンタルヘルスケア検定やメンタル・ヘルスマネジメント検定についていえば、会社で役立つので、昇格の際に有利に働くことはあります。ストレスチェックが義務化されているので、これらについて知識があるのは優遇される対象になるでしょう。

ヘルスケアプランナーについては、福祉や介護、医療の世界で有利になる資格です。どの資格においても転職に有利になるというより、社内で昇格する際に注目される資格になります。上を目指す方には重要な資格です。

4)ヘルスケアの資格に関するQ&A

【Q1】大学生です。メンタルヘルス系の資格は就職に有利になりますか?

メンタルヘルス系の資格をなぜ取得したのかを明確にすることが重要です。何か理由があれば就職にも有利に働く可能性があります。資格を取得して何かの役に立ちたいと思っている時点で、企業側にもマイナスの印象を与えることはありません。

【Q2】働きながらでも取得可能なヘルスケア資格を知りたいです。

紹介した3つの資格なら資格取得も難しくありません。もちろん勉強することが大前提ですが、一番下の級から順に取得していけるので、ゆっくりと知識を身に付けることもできます。

ヘルスケアとは健康管理のことをさしています。ヘルスケアという言葉は知っていても健康管理という意味であることはあまり知らない人も多いのではないでしょうか。そんなヘルスケアに該当する資格は、運動系やフード系など多くの資格があります。

その中でもヘルスケアについてしっかりと学べる資格はヘルスケアプランナー、メンタルヘルスケア検定、メンタル・ヘルスマネジメント検定の3つになります。会社のストレスチェックなどを行う場合はメンタルヘルスケア検定、メンタル・ヘルスマネジメント検定の2つの資格がオススメです。

しかし3つのどの資格でも、自分のストレスについては触れますので、自分の健康維持には役立つ資格になります。自分自身のためになる資格ですので、取得して損はありません。

PR トレーナー求人情報

※掲載店舗は、一部のみです。ご了承ください

traineragency

traineragency

traineragency

トレーナー向け記事ランキングarticle ranking

カテゴリ 一覧

パーソナルトレーナー向け