ジム開業について

パーソナルトレーニングジムでどんなマシンが求められるか?導入すべきマシン3選

パーソナルジムをこれから開業したい方の悩みとして『どの器具を置くべきなのか?』というものがあるかもしれません。

特にお客様の大半は運動初心者、もしくは運動不足な方ばかり。彼らに的確なセッションを施すには、道具選びにも力を入れたいところです。

一人のトレーナーがマイクロジムとして開業する場合、マンションの一室などで小さくスタートすることが多いと思います。
室内の面積が広ければ問題ありませんが、高重量のマシンは『パワーラック』『スミスマシン』の2つのうちどちらか一つに絞らざるを得ない場合が多いかもしれません。

そこで今回は、運動初心者のお客様にも使える、パーソナルジムにあると便利な器具や道具を3つ紹介します!

①スミスマシン

運動初心者のお客様を相手にすることが多いのであれば、おすすめはスミスマシンです。
スミスマシンとは、バーベルがレールで固定されたトレーニングマシンです。
レールの軌道に沿ってバーベルが動くため、トレーニングに慣れていない初心者・女性でも比較的安全にトレーニングを行うことができます。

  • ベンチプレス:主に大胸筋
  • スクワット:主に大腿四頭筋などの下半身の筋肉
  • デッドリフト:主に広背筋などの背中から下半身の筋肉
  • ショルダープレス:主に三角筋などの肩の筋肉

スミスマシン1台で、身体のさまざまな部位の筋肉を効率的に鍛えることができます。

費用:15万円〜50万円

重量:約130kg〜250kg

部屋の耐荷重量・賃貸の場合は管理会社様にご確認の上、ご検討ください。

初心者のお客様の場合、可動域の自由度よりも断然、正しい軌道を覚えることの優先度が高いため、やはりスミスの方が良いでしょう。
初めはしゃがむ動作もままならなかったお客様が、7回のセッションでランジやスクワットが上手にできるようになった例もありますが、それはスミスマシンでトレーニングの正しい軌道を覚えたことが大きかったです。

②TRX


TRXとは、Total Resistance Exerciseから頭文字を取った略称であり、筋力・持久力・柔軟性などをバランスよく鍛えるフィジカルフィットネスプログラムを意味します。
トレーニングプログラムは、TRXのフレームや頑丈なポールなどに、サスペンションバンドやロープを使用して自重と重力を負荷にしたものが中心です。

例えばですが、臀部の筋肉が弱いお客様の場合、スクワットの際にお尻で負荷を支えることが恐く、膝が前に出過ぎるという代償動作を起こす方が多いのが現状。
自体重やフリーウエイトでは上記のような悪い現象が起こりやすいですが、TRXを使用してスクワットをする場合、尻もちをつく心配が無くなるため、お客様は非常に安心します。
また、トレーナーのメリットとして、TRXをマスターすると様々な運動をこの1本のサスペンションで完結できます。
スクワット以外の種目でも非常にバリエーションが豊富であり、あると良い一つでしょう。

費用:数百円〜15万円

③バランスボール


バランスボールとは、ゴム製のボールです。
不安定な体勢でエクササイズを行うことで、体幹や身体全体の筋肉をバランスよく刺激することができます。
セッションでの例としては、日常生活での正しいしゃがみ方、スクワットのトレーニング時に体の使い方を覚えこませるために使うことも多々あり。

例えば『ウォールスクワット』というエクササイズにおいて、壁と体でバランスボールを挟み、スクワットをすることでしゃがむ際の軌道を覚えることが可能。
これはほんの一つの例ですが、このようにバランスボールの使い方のバリエーションが多いと非常に役に立つことが多いです。
お腹・背中・腰・お尻・内ももなどを効果的に鍛えることができます。

費用:数百円〜1万円前後

まとめ

今回は初心者のお客様に対して、あると便利な器具や道具を紹介しました。

これからやってくるお客様は、運動が苦手な方がたくさんいます。しかし今回の道具を揃えておけば、そうしたお客様にバッチリ対応可能です!

こうした機材以外にも、トレーナーエージェンシーでは独立開業を目指すトレーナーに有益な情報を提供し、ジム開店までのサポートをしています。

・マイクロジムの成功例が知りたい
・同じ境遇にいるトレーナーと関わることのできる環境を手に入れたい
・ネットでは知れない、パーソナルトレーナーのリアルの声が聞きたい

これらの悩みや要望をお持ちの方は、下記より問い合わせをお待ちしています。

パーソナルトレーナーの相談はこちら

PR トレーナー求人情報

※掲載店舗は、一部のみです。ご了承ください

服部拓也

パーソナルトレーナー

服部拓也

大手ジム、整体サロンでのトレーナー経験を持ち、パーソナルトレーナー養成スクール「2nd PASS」を卒業した後にトレーナーとして独立。トレーナーエージェンシーでは、パーソナルトレーナーになりたい人、現役パーソナルトレーナー向けコラムを執筆。ダイエットに悩むお客様、集客に悩むトレーナーの両方の悩みの解決を目指している。

トレーナー向け記事ランキングarticle ranking

カテゴリ 一覧

パーソナルトレーナー向け